COP28とは? 今回の重要テーマ3つのポイントをわかりやすく解説

COP28とは?山と自然の景色

Photo by Tobias Keller on Unsplash

2023年11月30日から「COP28」がドバイで開催される。「COP」とはそもそも何の会議で、今回はどのようなテーマが議論されるのだろう。気候変動の影響がますます深刻化するなか、開催されるCOP28の意味と争点をわかりやすく解説する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.12.05
EARTH
編集部オリジナル

牛への愛がおいしさになる 未来へつながる酪農のかたち「ピュアナチュール™ オーガニックヨーグルト」

Promotion

「COP(コップ)」とは?

「COP(コップ)」とは、「Conference of the Parties」の略。日本語では国連気候変動枠組条約の締約国会議という。

1992年5月に採択され、1994年3月に発効した国連気候変動枠組条約(地球温暖化による影響を防止するための国際的な枠組みを定めた条約)にもとづき、各国の対策と進捗を確認し、気候変動に関わる問題や取り組みについて議論する。

日程:いつから?

COPは毎年開催されており、2022年11月に行われたのは第27回目の会議だったことから「COP27」と呼ばれ、2023年に開催される第28回目の会議を「COP28」と呼ぶ。COP28の日程は、2023年11月30日から12月12日までの13日間

議長国・開催場所は?

COP28が開催されるのは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。議長国もUAEが務めることになる。

参加者は?

COPに参加するのは、198の国や機関。各国の政府代表のほか、学者、NGO団体、ビジネスリーダーなど。これだけ世界中の国々の人が集まるとあり、COPは気候変動に関する最大規模の国際会議と言える。

前回COP27の振り返り

2022年11月にエジプトで開催されたCOP27。ここで議論されたのが、「損失と損害」について。気候変動の原因は主に先進国がつくっているのに、開発途上国がその影響と被害を受けている。そこでCOP27では、国際社会として、途上国を支援する基金を設立することで合意した。この基金設立は大きな一歩ではあるが、誰が基金を負担するかなどの内容は、持ち越されている。

また、化石燃料からの脱却が求められているが、COP27で決まったのは「段階的な削減」で、「段階的な廃止」には至らなかった。詳しくは、下記の記事を参照してほしい。

COP27閉幕 結果はどうなった?合意のポイント3つと知っておくべきこと

関連記事

COP28で注目したい3つのポイント

では、今回のCOP28で注目するべきポイントは何か。いくつかピックアップして紹介しよう。

1 グローバルストックテイクの実施

COP28では、はじめて各国の取り組み内容と達成度を評価するグローバルストックテイクが行われる。COP26とCOP27で改めて確認されたのが、世界の平均気温上昇を産業革命前より1.5℃に抑えるというパリ協定の目標達成だ。だが、各国の温室効果ガス排出量の排出目標を達成しても、1.5℃どころか2℃未満に抑えることが難しいとみられている。そのため、各国の温室効果ガス排出量削減の目標をさらに引き上げることが必要だ。

グローバル・ストックテイク(GST)とは?COP28の注目キーワードの意味を解説

関連記事

2 「損失と損害」基金の運用について

前回のCOP27で決まった、損失と損害の基金。この具体的な運用について、議論する必要がある。どの国が資金支援対象になり、どの国が資金を出すかといったことで、これらの交渉は難航することが予想される。

3 化石燃料の段階的廃止はできるか?

パリ協定の目標達成には、化石燃料からの脱却が欠かせない。化石燃料の「段階的な廃止」を支持する国は多いが、反対する一部の国もあり、前回COP27では「段階的な削減」と弱めた表現にとどまった。COP28では、「段階的な廃止を合意できるかということも、ひとつの争点となる。

「地球が沸騰している時代」がやってきた 世界の猛暑・自然災害の原因は?

関連記事

日本は4年連続で「化石賞」

日本はCOP28で「化石賞」に選ばれた。これは、環境NGO「気候行動ネットワーク」が、COPの期間中に、気候変動対策に消極的な国を皮肉って贈る賞のこと。日本は、脱化石燃料に向けた具体的な行動がないとして、選ばれた。日本の化石賞受賞は4年連続となった。

「化石賞」って何? COP28で日本が4回連続受賞・不名誉な理由は

関連記事

国連のアントニオ・グテーレス事務総長が2023年夏、「地球温暖化の時代は終わり、地球沸騰化の時代が来た」と表現したように、近年は“地球が燃えている”ような異常事態を感じた人も多いのではないだろうか。気候変動への対策には、もう時間がない。COP28で議論すべき問題は山積みだが、着実な成果を期待していきたい。

COP28の結果は?

予定より1日延長して、閉幕したCOP28。その結果はどうなったか?下記記事でわかりやすく解説している。

COP28の結果はどうなった?「化石燃料からの脱却」で合意

関連記事
※掲載している情報は、2023年12月5日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends