【プラントベース食品調査】52.7%がプラントベース食品を日常的に飲食 一番人気は植物性ミルク

プラントベースミルクなどプラントベース食品の調査結果は?

Photo by Nikolai Chernichenko on Unsplash

ELEMINISTトレンドリサーチ

ELEMINISTで行った「プラントベース食品に関するアンケート」によると、プラントベース食品を日常的に飲食してる人は52.7%と半数以上になることがわかりました。もっとも人気の高いプラントベース食品は、植物性ミルク、大豆ミート、植物性ヨーグルトでした。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.07.19
SOCIETY
編集部オリジナル

KDDIのつなぐストーリー vol.2|“願い”をもって漁業の現場でデジタルと人をつなげる

Promotion

プラントベース食品を「日常的に飲食している」人は52.7%

はじめに、プラントベース食品を飲食した経験について聞きました。

プラントベース食品に関するアンケート調査の結果

プラントベース食品を「食べたり飲んだりしたことがある」と答えた人は全部で100%、「食べた・飲んだことはない」と答えた人はゼロでした。「日常的に飲食している」が52.7%と半数近くを占めていることがわかります。

植物性ミルク・大豆ミート・植物性ヨーグルトが人気

次に、どんなプラントベース食品を食べた・飲んだことがあるか聞いてみました。

プラントベース食品に関するアンケート調査の結果

もっとも人気だったのは「植物性ミルク」で、87.8%が「飲んだことがある」と答えました。次いで、「大豆ミート(85.1%)」、「植物性ヨーグルト(67.6%)」、「植物性・ヴィーガンスイーツ(66.2%)」でした。一般のスーパーでも入手しやすい植物性ミルク、大豆ミート、植物性ヨーグルトがとくに広く普及していることが伺えます。

きっかけは「地球環境にいいから」「健康にいいから」

では、どんなきっかけでプラントベース食品を飲食したのでしょうか?

プラントベース食品に関するアンケート調査の結果

回答がもっとも多かったのは「地球環境にいいから」(78.4%)。次いで、「健康にいいから」(68.9%)、「動物愛護になるから」(45.9%)となりました。一方で「おいしそうだったから」(33.8%)のように、味に期待して飲食した人も少なくありませんでした。

7割はプラントベース食品に満足

プラントベース食品を食べたり飲んだりしている人が多いことがわかった一方で、プラントベース食品の満足度はどうでしょうか?

プラントベース食品に関するアンケート調査の結果

「とても満足している(20.3%)」と「まあまあ満足している(52.7%)」を合わせると、全体の73.0%が満足している結果となりました。その一方で、「やや不満がある」は12.2%。「とても不満がある」と答えた人はいませんでしたが、1割強の人がなんらかの不満を感じている実態があるようです。

満足度の理由は以下の通りです。

「満足している」人の理由

「おいしいものが多いし、体にもいい、環境保全につながるから」(30代/女性)

「少しずつですが、おいしさ、見た目、価格が改善されどんな方でも楽しめるようになってきたため。また、原材料も添加物が少なかったり栽培方法にこだわったものも増えてうれしいため」(20代/女性)

「消化器官への負担も少なく、最近はどこでも手に入りやすくなり、新しく癖のない商品も多くなってきて食べやすくなったから」
(30代/女性)

「最近ではラインアップも豊富でクオリティも年々上がってきているなと実感しているので、簡単にプラントベースを取り入れられる時代になってきているなと感じています」(20代/女性)

「おいしいものも多い一方で、添加物が使われていることが多いので毎日食べようと思わない。また、代替ミルクは意外と製造にかかるCO2が多いのでその点も気になる」(30代/女性)

「不満がある」人の理由

「添加物が多い商品があるので気になります。あとは、私自身ヴィーガンなのですが、プラントベースとうたう商品の材料を確認したら卵や乳製品が入ってることがあり、惜しいなぁという気持ちになることがあります」(20代/女性)

「動物性食品に比べて高額、味が劣る、入手困難、つくる場合は手間がかかる」(50代/女性)

「どんどん取り入れたい気持ちではありますが、まだ味も食感もクセがあり、お肉とは遠いです。子どももすぐに気がつくので、料理の中で一部などとして使っています」(40代/女性)

「おいしいと思うものがまだ少なく、継続しなかったから」(40代/男性)

味や価格面が改善され、入手しやすくなっている点を評価する声が多い一方で、依然として「高額」「味が落ちる」といった理由でプラントベース食品に満足していない人も少なくないよう。また添加物が多いといった、食の安全性を懸念する声もありました。

「こんなプラントベース食品があったらいい」アイデア

最後に、「こんなプラントベース食品があったらいい」「プラントベース食品を使ったレシピが知りたい」など、プラントベース食品をもっと利用したくなるアイデアについて聞いてみました。

プラントベース食品

Photo by Alexandra Andersson on Unsplash

レシピを知りたい

「プラントベースのお料理教室があったら参加したいです」(40代/女性)

「動物性のものを使ったときとは味が違い、夫が食べてくれないときもあるので、レシピをつくってみた感想もまとめられたサイトがあるといいなーと思っています」(30代/女性)

「仕事の後など時間がないときに簡単に作れるレシピが、食品と一緒になって販売されていたら嬉しいです」(30代/女性)

「大豆ミートのレパートリーが少ないので、レシピがあったらいいなと思います」(40代/女性)

「洋風レシピが多いので、元々日本にあるもの(例えば高野豆腐とか漬物とか)を利用した手軽なレシピがあれば嬉しいです!」(30代/女性)

こんな商品があったらいいな!

「プラントベースの万能調味料。例えば大豆ミートを使った料理にそれを加えるだけで、ある程度の味の深みやまろやかさが加わるようなアイテムのシリーズがほしい。万能調味料のように、それを足せばある程度のおいしさが出せるのであれば、さまざまなプラントベースの料理に挑戦しやすくなる」(30代/男性)

「冷凍ピザ、宅配ピザに導入されると嬉しい。おいしい市販のヴィーガンアイス。正直、動物性でできているメニュー全部(!)にプラントベース のオプションがほしい……」(30代/女性)

「一般的なアイスクリームのように、ヴィーガンのアイスクリームの種類を増やしてほしい」(30代/女性)

「手軽に食べられるスナックやスイーツがあれば、ぜひ食べてみたいなと思います。子どもと一緒に食べられるものだとより嬉しい」(30代/女性)

「プラントベースのコンビニスイーツ。いまは選択肢が少ないので、もっとバリエーションが多くなってくれるとうれしいです」(40代/女性)

「プラントベースのものが増えている傾向があって、それはいいことだけど、無添加のものはそれほど多くない気がします。添加物のない、もしくは少ない食品が増えてほしい」(30代/女性)

入手場所について

「日常的に使えるようになりたいので、大手スーパーのプライベートブランドで取り扱ってもらえるといいなと思います」(40代/女性)

「プラントベースのスイーツがスーパーやコンビニでもっと買えるといい」(40代/女性)

「普通の食品と同じように手に取りやすい価格で、普通のスーパーで普通に取り扱ってほしい」(30代/女性)

その他のアイデア

「先入観で“不味い”というイメージがまだあるので、アイスクリームの試食などのイベントがあるといい」(40代/女性)

「添加物が気になるので、無添加でオーガニックでプラントベースの商品が手軽に手に入ればいいなと思います」(40代/女性)

「プラントベース食品が安価で手軽に入手できると嬉しいです。それと同時に、動物性食品(とくに工業畜産の食品)が入手困難になればいいと思う」(50代/女性)

「市販で購入する大豆ミートは物足りないものが多いが、ヴィーガンフード専門の外食店で提供されるプラントベース肉はとてもおいしい。それを一般の人も購入したり自分で作れたりしたらとてもいい」(30代/男性)

「原材料や加工過程もすべて公開されているもの。おいしくて気軽に買える値段」(40代/女性)

「海外から輸入された商品が多い印象を受けるので、国産のプラントベースブランド・商品をもっと知りたい!プラントベースを選ぶことで、健康や環境にどれだけいい効果があるのかデータがあれば知りたい」(30代/女性)

まとめ

近年、プラントベース食品の種類が増え、味や価格の面の改善も見られるようになっています。そのためか、プラントベース食品をふだんから飲食している人がとても多く、その満足度も高いことがわかりました。

一方で、「もっと商品のバラエティがあるといい」「どこでも入手できるようになるといい」「プラントベースではない食品と同等の価格帯がいい」など、プラントベース食品がさらに広まるためのアイデアも数多く集まりました。言い換えれば、これはプラントベース食品に対する期待が高いことの表れではないでしょうか。

ごみをできるだけ出さないパッケージを採用し、添加物を極力使用しないといった配慮もされたプラントベース食品が、これからも増えていくことに期待したいと考える人も少なくありませんでした。

ELEMINIST「プラントベース食品に関するアンケート」調査概要
調査期間:2023年6月28日〜7月6日
調査対象:ELEMINIST Followers(ELEMINISTのコミュニティ)74名(10代以下〜70代以上の男女)
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

企業のSDGs推進を支援する法人向けソリューションを提供

「ELEMINIST」では、企業のSDGs推進を支援するサステナビリティ・エシカル領域に特化した法人向けソリューションを提供しています。サステナビリティ・エシカル領域のプロフェッショナルとして、サステナビリティ・エシカル領域の「プロモーション」「コミュニティ/ラーニング」「クリエイティブ」の3つのソリューションを提供しています。お問合せや詳細は、下記URLより。

※掲載している情報は、2023年7月19日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends