ごみ問題を知る映画3選 「人にはどんな状況も変えていく力がある」ユナイテッドピープル関根健次さん

ごみゼロの未来に向けて

“ごみゼロ”と読める5月30日は、私たちが直面する廃棄物問題をじっくりと考えよう。今回は、社会課題をテーマとした映画を配給するユナイテッドピープル株式会社の創業者・関根 健次さんに「ごみ問題について知ることのできる映画」を伺った。

Chiho Maezawa

Writer

東京在住。フリーランスエディター。地球にやさしく、生き物にやさしく、そして人にもやさしい暮らしを送るヒントを探して。日々、エコロジーやサステナブルにまつわるニュースに注目しています。決し…

2021.05.22
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

映画の上映情報はメルマガやSNSで配信中

映写機

Photo by Jeremy Yap on Unsplash

今回紹介した映画のほか、ユナイテッドピープルが配給する映画の最新上映情報は、cinemo公式サイトや、メルマガ、Twitterで配信されている。

また、企業や団体、個人でも簡単なステップで、1日あたり2万円から上映会を開催することができる。年内は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を鑑み、オンライン上映会も可能となっているので、ぜひ仲間を集めて映画を見ながら、意見を交わすだけでも明日からの行動は変わっていきそうだ。

メルマガを登録する
https://unitedpeople.jp/mm

Twitterをフォローする
https://twitter.com/upjp

cinemo公式サイト(上映会開催について)
https://www.cinemo.info/kaisai.html

cinemo公式サイト(上映会開催情報)
https://www.cinemo.info/theater_list.html

人の力を信じている、だから前向きになる取り組みを

関根さんが社会課題を伝えるツールに「映画」を選んだ理由は「人は感動すると、行動につながると信じているから」だという。映画は擬似体験ができるメディアだ。主人公の気持ちになったり、笑顔が生まれたり、悲しみが込み上げたり、時に明日への活力をくれる。これらを総じて言い換えれば、“感動”と呼べるのだろう。

「誰かの話を聞いたり、1枚の写真を見たり、本を読んだり。人は何かに感動したとき、夢が生まれるものです。何かをしたい、何かを変えたい、という願いが、社会を前向きにさせていくと信じています」

関根さんは社会課題の解決について語るとき、何度も「前向きに」という言葉を使う。荒廃、悲惨、憎悪。社会課題にはネガティブなワードがつきものだが、関根さんはポジティブにこだわる。

「人間はどんなことが起きたとしても、その状況を変えていける力があると信じています。1人ひとりの前向きな気持ちしだいで、解決に向かっていけると信じているからこそ、アプローチは明るくしたい。

いまは環境問題、感染症など全世界の人が生きていくことに困難を抱えていますが、これまでも先人たちは多くの困難を乗り越えてきました。この渡されたバトンを、よりよいバトンにして次の世代に繋いでいきたいと願います。現状は直視しながらも、行動と精神は明るく、前向きに。いまの世界を変えられるのは、いまを生きている私たちなのですから」


編集/松本麻美(ELEMINIST編集部)

※掲載している情報は、2021年5月22日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends