訴訟事件にもなった「アウティング」とは 無意識の刃が被害者を傷つける

湖畔に座って肩を寄せ合う二人の男性

アウティングとは、人のSOGI(性自認、性的指向)を本人の了承を得ずに他の人に暴露すること。2015年、アウティングをきっかけに男子大学生が校内で自死した事件が起き、その言葉の意味とともに世間の注目を集めた。2020年には、厚生労働省がアウティングをパワハラ行為と定めている。

2021.03.17

アウティングとは? その意味や危険性

机を挟んで会話する外国人女性

Photo by Christina @ wocintechchat.com on Unsplash

アウティングとは、LGBTなどのセクシュアルマイノリティであることを、本人の承諾を得ずに、第三者が勝手に他人に言いふらす行為を指す。2015年、アウティングが引き金となり一橋大学の男子学生が自死した事件が起き、同時にこの言葉も世間の注目を集めた。

アウティングはカミングアウトと似た意味に捉えられることもあるが、カミングアウトは当事者が本人の性自認や性的指向を他者に伝えること。「Come out of the closet」(クローゼットから出す)という英語が元になっている言葉で、あくまでも当事者が自分の意思で第三者に告げるか否かを選択する。

一方、本人が公にしていないセクシャリティを暴露するアウティングは、精神的苦痛を与え、その人の居場所を奪うことや、プライバシーの侵害につながり、前述のような事件へと発展しかねない。

アウティングの具体例

例えば、Aさんという男性が、自身を「ゲイである」とBさんに伝えることはカミングアウト。しかし、BさんがAさんの許可なく「Aさん、実はゲイなんだって」と、同じコミュニティ内のCさんやDさんに言いふらす行為がアウティングである。

Aさんからすると、Bさんに寄せていた信頼を裏切られただけでなく、知られたくなかった人にまでセクシャリティが広まってしまう二重のショックを被ることになる。

また、当事者のセクシュアリティを知る第三者が、「カミングアウトしちゃえ」とあおることもアウティングである。軽いノリが、当事者の心を深く傷つけてしまう可能性をはらんでいることを忘れてはならない。

セクシャルマイノリティの人々が抱える悩み

カミングアウトとアウティングに関するデータ

2020年8月にライフネット生命保険が発表したデータ(※1)によると、社会人の職場でのセクシャルマイノリティのカミングアウト率は29.7%ということが、当事者約1万人を対象にした意識調査でわかった。

これは、2017年に行った前回調査より3.8%上昇した数字だが、なかには両親や近しい人にカミングアウトしたものの理解を得られなかったという声もあった。

また同調査では、性的少数者の25.1%が、第三者からアウティングをされた経験を持つという結果に。

他者には理解されない悩み

厚労省は、「職場におけるダイバーシティ推進事業」の報告書で、「労働者アンケート調査結果」(※2)を発表。

それによると、性的マイノリティの人の多くが、働く上で何らかの困り事があると回答。「プライベートの話をしづらい」「自認するマイノリティと異なるふるまいをしなければいけない」という声が多く見られた。

日本では、セクシュアルマイノリティに対する理解は徐々に進んでいるものの、性的マイノリティが理由で、学校や職場でいじめなど不当な扱いを受けた過去を持つ人も少なくない。就職活動で性的指向をカミングアウトしたところ、面接を打ち切られたという学生も。

周りへの影響やハラスメントの恐れから、なかなかカミングアウトできず、自らの性を偽って過ごしている人は多いのだ。

アウティングの根本的な原因と問題点

中央に座る女性の話を聞く二人の女性

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

セクシャルマイノリティにとって、カミングアウトはとても勇気のいる行為。そして、相手を信頼しているからこそできるもの。しかし、なぜアウティングは起こってしまうのだろうか。そこには、性的少数者への無理解や認知に関する問題がひそんでいる。

個人のセクシャリティは、性や恋愛に限った問題ではなく、人の尊厳やアイデンティティに関わるセンシティブな問題だ。だからこそ、打ち明けられた内容を一人では抱えきれない人や、当事者にとってむしろ良かれと思い、悪意なくアウティングしてしまっている人もいる。

しかし、カミングアウトされた人は偏見を持っていなくとも、伝え聞いた第三者は違うかもしれない。いつ、誰に、どのように伝えるかは、当事者本人が決めることである。

近年では、アウティングが引き起こした事件が表沙汰になったことも影響し、厚生労働省がアウティング行為をパワハラとして定めるなど、変化の兆しが見られる。

アウティングは違法? 訴えられる可能性も

2020年6月より、厚労省は「パワハラ防止法」を施工。相手の性的指向や性自認に関する侮辱行為(SOGIハラスメント)はパワハラ行為にあたり、アウティングもパワハラの対象であると定めた。

SOGIハラとアウティングの防止が、パワハラ防止対策の一環として各企業に義務づけられている。また、アウティングした本人は、民事上の不法行為、場合によっては名誉毀損や侮辱罪に該当する可能性もある。

※掲載している情報は、2021年3月17日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends