イケアがパートナーとの家事分担を促すゲーム「FiftyFifty」を国際女性デーにリリース

イケアのゲーム「FiftyFifty」

「イケア・ジャパン株式会社」は国際女性デーである3月8日に、家事負担のバランス改善に向けた新しい切り口のゲームをInstagramを通じてリリースした。ともに暮らすパートナーとの楽しくオープンな対話を促し、家事についての互いの考えを共有しながら「家でのジェンダー平等」を図る。

2021.03.08

家事分担を楽しく対話するゲーム「FiftyFifty」

FiftyFiftyの画面イメージ

「イケア・ジャパン株式会社」は国際女性デーである3月8日、家事負担のバランス改善に向け、ともに暮らすパートナーと楽しいオープンな対話をするきっかけとなるゲーム「FiftyFifty」を発表した。このゲームはInstagramのストーリーで利用でき、無償で提供される。

開発には、人間関係を専門とする心理療法士のジェニー・ミラー氏が協力。いくつかの質問を通じ、家庭内での役割や見えない家事に前向きな形で光を当て、パートナーとの対話を促す。勝ち負けを決めるようなものではなく、パートナーは状況に合った解決手段を考えるように促される。

例えば「一番好きな家事は?一番嫌いな家事は?」とお互いの家事への感じ方を共有できる質問や「他の人に気づかれない“見えない家事”をやっている?」のように、知らない間に相手がしてくれている家事の見える化を図る質問が投げかけられる。

国際女性デーに投げかける「家庭内のジェンダー不平等」

イケアの考えは、より快適な毎日とは「平等な日々」でもあり、社会においてジェンダー平等を実現するには「家でのジェンダー平等」が大切だという。

コロナ禍において、これまで以上にパートナーや家族と共有する時間が増えるなか、家事負担における不平等がさらに明らかになっている。「Womens Budget Group」の調査によれば、パンデミックによる家事の増加は女性の方が男性よりも顕著であることが示唆されている。

さらに「OECD(経済協力開発機構)」によれば、家事の負担は女性にもっともかかっており、無報酬での家族の世話や家事において、女性が担う負担は、世界全体で男性の最大3倍に上るとされているのだ。

家庭生活をよりストレスフリーにするための「一時停止」ボタンに

ミラー氏は今回の開発に際して次のように述べている。「すべてがもっとも上手くいっている時でさえ、家事の分担は難しく、パートナーの間に不要なストレスを生みかねない問題です。これに在宅勤務や自宅学習が加わり、状況はさらに悪化しています。

家族の世話に関しては依然として女性がより多くを負担しており、パートナーがどれほどの期間をともに暮らしてきたかにかかわらず、その関係の多くにストレスをもたらしています。

FiftyFiftyは、家庭生活を見直すとともに立て直す手段となる『一時停止』ボタンの役割を担います」(一部抜粋)

問い合わせ先/イケア・ジャパン株式会社
https://www.ikea.com/jp/ja/

※掲載している情報は、2021年3月8日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends