権威ある米辞典が「グリーンウォッシュ」「プラントベース」などの単語を追加

米メリアム・ウェブスター辞典が「グリーンウォッシュ」などの単語を追加

Photo by Syd Wachs on Unsplash

メリアム・ウェブスター辞典に、「グリーンウォッシュ」をはじめとする環境問題にまつわる単語が追加された。ほかにも「植物由来(プラントベース))や「オーツミルク」「サプライチェーン」が追加され、環境への関心の高まりが辞典に反映されている。

岡島真琴|Makoto Okajima

ライター

ドイツ在住。自分にも環境にも優しい暮らしを実践する友人たちの影響で、サステナブルとは何かを考え始める。ライター・編集者として活動しつつ、リトルプレスSEA SONS PRESSを運営。

2022.10.13
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

新たに追加された「グリーンウォッシュ」

1847年から続く、米国の権威あるメリアム・ウェブスター辞典。2022年9月に、新たに370語が追加され、そのなかには「グリーンウォッシュ」をはじめとする環境問題に焦点を当てた単語が数多くあった。

同辞典では、「グリーンウォッシュ(greenwash)」について「製品や政策、慣習などを実際よりも環境にやさしく、あるいは環境への負荷が少ないように見せる動詞」として定義されている。また、名詞としても使用可能と記述されている。

「グリーンウォッシュ」という言葉が初めて使われたのは1980年代後半のことだが、今回辞典に登録されたことは、この言葉が一般にも広く認知されつつあることを示している。

見せかけのエコを騙る「グリーンウォッシュ」とは? 過去の事例と見分け方

関連記事

植物性食品の人気を背景に「プラントベース」「オーツミルク」も追加

プラントベースの食事

Photo by micheile dot com on Unsplash

今回、ほかにも植物性食品への関心の高まりを示す言葉が追加された。そのひとつが「植物由来(plant-based)」。「植物でつくられた、または植物に由来する」、「主にまたは完全に植物由来の食品(野菜、果物、ナッツ、油、豆など)から成る」と定義されている。

また「オーツミルク(Oat milk)」は、「挽いたオーツ麦と水からつくられた液体で、通常はカルシウムやビタミンなどで強化され、牛乳の代替として使われる」と説明されている。

2021年の調査によると、世界には約7900万人のヴィーガンがいるという。オーツミルクは、2019年から2020年にかけて売上が倍増。ヴィーガンにも非ヴィーガンにも絶大な人気を誇っている。このような社会背景から、今回の辞書への追加に至ったのだろう。

ダイエット法としても注目されるプラントベースとは 代表的な食品やヴィーガンとの違い

関連記事

ビジネス分野でも環境問題への関心 「サプライチェーン」も

すでに一般的に使われている「サプライチェーン(Supply chain)」の単語も、今回初めて辞典に掲載。辞典では、「商品が生産され、流通するプロセスやビジネスなどの連鎖:商品の製造や配送に関わる企業、材料、システム」と定義されている。

これはファッション業界をはじめ、あらゆる業界で、環境にやさしく、透明性の高い持続可能なサプライチェーンを構築することがますます課題となっていることの表れでもあるだろう。

さらに「マイクログリッド(Microgrid)」も登録された。その定義は、「小さなグリッド、とくに、より大きなネットワークに接続することもできるが、独立して動作することもできる地域の電力網」とある。

オフグリッドとは? 導入のメリット・デメリット、生活に取り入れる3つの方法を解説

関連記事

メリアム・ウェブスター社の辞典は長年、言葉の成長や変化を記録し世界の移り変わりを捉えてきた。新しく辞典に追加される単語の条件として、「多くの人が同じように使っている単語があり、その単語が十分な期間にわたって使い続けられたとき」と、プレスリリースで述べられている。

言葉は常に、私たちの時代や社会とともに変化していく。新しく追加された環境問題にまつわる用語について見直すことで、私たちが取り組むべきことが改めて見えてくるかもしれない。

※掲載している情報は、2022年10月13日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends