プラントベースフードを撮影して投稿「#たのしいプラントベースフード」フォトコンテストをBEYOND FREEが開催

フォトコンテストキービジュアル

テーブルマーク株式会社が展開する「BEYOND FREE」が、より多くの人にプラントベースフードを身近に感じて楽しんでもらいたいという想いからSNSフォトコンテンスト「#たのしいプラントベースフード」を6月末まで開催している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.06.10
FASHION
編集部オリジナル

帝人フロンティア×ELEMINIST ニオイ対策ができて可愛く衣類を包める「ECOPET® ニットバッグ」誕生

Promotion

「BEYOND FREE」プラントベースフードの楽しみ方を広めるフォトコンテスト開催

BEYOND FREEロゴ

テーブルマーク株式会社が展開する「BEYOND FREE(ビヨンドフリー)」は、からだの状態や大切にしている価値観などを理由に、多様な食生活を送る一人ひとりに寄り添うべく、植物素材で仕上げたプラントベースの商品を中心に販売している。

今回、より多くの人にプラントベースフードを身近に感じて楽しんでもらいたいという想いから、2024年5月31日(金)より、プラントベースフードを生活に取り入れている写真を投稿する「#たのしいプラントベースフード」フォトコンテストをInstagram内で開催している。

食育月間に気軽に楽しむSNSフォトコンテスト「#たのしいプラントベースフード」

フォトコンテストキービジュアル

「#たのしいプラントベースフード」フォトコンテストは、プラントベースフードを取り入れた食卓やプラントベースフードのレシピなど、自分なりのプラントベースフードの楽しみ方を表現した写真を、指定のハッシュタグをつけて投稿するフォトコンテスト。

プラントベースフードは、どこか新しくて「特別なもの」と思われがちだが、実際はとても気軽に生活に取り入れることができる。

6月は、食育月間。このコンテストを通じて「食」についての関心を高め、プラントベースフードを上手に食生活に取り入れた様子を多くの人に投稿してもらうことで、さまざまな楽しみ方が周知され「もっと気軽に日々の食生活のなかにプラントベースフードを取り入れてみよう」という意識を共有しあうことができれば、という思いが込められている。

審査員には、日本ヴィーガン協会 代表の室谷真由美氏、菜食コンサルタントの山﨑由華氏を起用。気軽に上手に食生活に取り入れていることを審査基準にグランプリ、準グランプリを決定するほか、審査員特別賞、BEYOND FREE賞も用意されている。

フォトコンテスト概要

「#たのしいプラントベースフード」フォトコンテスト概要

応募期間:2024年5月31日(金)~2024年6月30日(日)

応募方法:
①BEYOND FREE公式Instagramをフォロー
②プラントベースフードのアレンジレシピや、プラントベースフードを楽しんでいる食卓の写真や動画を撮影
③ハッシュタグ「#たのしいプラントベースフード」を付けてInstagram上に投稿
※コンテストでは、BEYOND FREE商品の使用有無は問輪ない。
※過去の投稿にハッシュタグをつけることで参加も可能。
※ひとり何回でも応募可能。


賞と景品:
・グランプリ:1名
景品:BEYOND FREE商品詰め合わせ+人気調理家電(ホットプレート)
・準グランプリ:1名
景品:BEYOND FREE商品詰め合わせ+人気調理家電(ブレンダー)
・審査員特別賞:4名
景品:BEYOND FREE商品詰め合わせ+人気セラミックプレート(お皿)
・BEYOND FREE賞:20名
景品:BEYOND FREE商品詰め合わせ

審査員

室谷真由美氏

室谷真由美氏
日本ヴィーガン協会 代表、ビューティーフード協会 代表、環境省アンバサダー、国際文化理容美容専門学校 講師、東京食糧栄養専門学校 講師を兼任。

山﨑由華氏

山﨑由華氏
菜食コンサルタント。カナダで栄養学を学び、2016年から菜食に移行。菜食栄養学や簡単な菜食おうちごはんについてSNSを通して発信をするほか、企業へのプラントベースフードのレシピの開発提供も行っている。

BEYOND FREEのプラントベース商品

米粉麺でつくった彩り野菜まぜそば 490円

米粉麺でつくったピリ辛仕立ての野菜まぜそば。動物性原材料不使用で仕上げている。 タレともちもちの米粉麺、5種の具材を絡めて。

こんにゃく米とお米で作った炒飯 490円

こんにゃく米を25%配合し、カロリーを32%カット(※)したヘルシーな炒飯。 具材には、豆乳を搾る際の副産物「おから」と日本の伝統食である「こんにゃく」を組み合わせた「おからこんにゃく®」でつくった卵・ハムチャーシューを採用し、動物性原材料を使用していない。 レンジでチンするだけの簡単調理で、こんにゃく米の食感が新しい本格炒飯の味わいを楽しむことができる。

※日本食品標準成分表(八訂)増補2023年 チャーハンと比較(100g当たり)

おからこんにゃくで作ったからあげ 490円

豆乳を搾る際の副産物「おから」と日本の伝統食である「こんにゃく」を組み合わせた『おからこんにゃく®』でつくった動物性原材料不使用のからあげ。 おかずの一品としても満足してもらえるよう、和風ベースで飽きの来ない、ジューシーな味わいに仕上げられている。

豆乳クリーム ロールケーキ プレーン 490円

アレルゲン「卵」・「乳」不使用。簡単便利なトレー入りデザート。 しっとりとした食感のスポンジに、バニラ風味の豆乳ホイップクリームを合わせたロールケーキ。 動物性原材料不使用でも、しっかり濃厚な味わいを実現。冷凍庫から取り出して10分程度自然解凍したのちに、スプーンやフォークでいただく。(製造ラインでは小麦・卵・乳成分を含む製品を製造している

※動物性原材料とは牛肉・豚肉・鶏肉・卵・乳・はちみつなどの畜産物、魚介類を含む原材料を指す。
※原材料を細かくさかのぼった起源原料や製造工程において、一部動物性原材料が含まれる場合がある。
※動物性原材料を含む製品と製造ラインを共用している。
※アレルギー情報は商品により異なるため、必ず商品のラベル表記をご確認ください。
※商品の詳細情報は個別の商品ページをご確認ください。

お問い合わせ先/テーブルマーク株式会社
https://www.tablemark.co.jp/

※掲載している情報は、2024年6月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends