「イケア」日本独自開発ミルク味のプラントベースソフトクリーム新登場 同時に乳を使用したソフトクリームの提供終了

イケアのソフトクリーム

イケア・ジャパンではこれまで、レモン味やラムネ味などのプラントベースソフトクリームを期間限定で販売してきたが、ミルク味に関しては動物由来の原料を使用してきた。今回、日本独自の取り組みとしてプラントベースでミルク味も提供を開始し、同時に乳を使用したソフトクリームは提供を終了する。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.10.19
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

「イケア・ジャパン」プラントベースのミルク味ソフトクリームを開発 乳を使用したソフトクリームと切り替えで販売スタート

イケアのソフトクリーム

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は、植物由来の原料でつくったプラントベースソフトクリームを10月19日(木)より全国のイケア店舗で発売。これにより、乳を使用したミルク味のソフトクリームの提供を終了することを発表した。

イケアでは、人と地球にポジティブな影響をもたらす、より健康的でサステナブルな食習慣とライフスタイルのきっかけを提供したいというビジョンを掲げてきた。

その一環として、イケア・ジャパンでは、サステナブルなフードを通じてビジネスを実現するという目標に基づき、イケアの象徴ともいえるソフトクリームを見つめ直し、よりサステナブルな選択肢を生み出したいとの考えが今回の取り組みに至った背景だ。

イケア・ジャパンでは、レモン味やラムネ味などのプラントベースソフトクリームを過去に期間限定で販売してきたが、ミルク味は動物由来の原料を使用してきた。

そこで、日本の独自の取り組みとして、大人気のソフトクリームのミルク味をプラントベースにするプロジェクトを2021年頃にスタート。

日本国内の食品メーカーの協力のもとサンプルを試作し、一部店舗にて一カ月間のテスト販売を行い、お客さまへのアンケートを実施するなど、何度も試行錯誤を重ねた上で約2年間の開発期間を経て、今回の販売に至った。

一般的な乳を使用したソフトクリームでは乳のコクが風味において重要な要素となっている。プラントベースのソフトクリームでも乳と同じようなコクが感じられるように、乳の代わりに豆乳を使用した。ただ、豆乳を入れすぎると豆乳の風味が強くなってしまうため、甘味と塩味のバランスを調整。

また、豆乳は粉末原料も含めて、10種類程度の風味を確認し、豆の独特な香りが少ない豆乳を使用することで、現行のイケアのソフトクリームに近い厚みのある風味を再現した。さらに、乳製品を豆乳に置き換えるだけではシャリシャリとした食感だったため、滑らかになるように豆乳と他の原料との配合を調整している。

イケアではより簡単に環境にとってよりよい選択をするため、健康的でサステナブルな食事はおいしく、簡単で、手ごろな価格でなければならないと考えており、価格の決定にもこだわった。

プラントベースフードの価格は同種類のアニマルベースフードと同等、もしくはより低価格に設定。そこで、プラントベースソフトクリームの価格も乳を使用したソフトクリームと同等の50円で販売が開始されている。

お問い合わせ先/イケア・ジャパン
http://ikea.jp/

※掲載している情報は、2023年10月19日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends