デニーズの定番「ハンバーグ」メニューが“大豆ミート”へ変更可能に

大豆和風ハンバーグ

Photo by 株式会社セブン&アイ・フードシステムズ

ファミリーレストラン「デニーズ」の定番メニュー、ハンバーグメニュー5種が9月6日から大豆ミートでも楽しめるようになった。デニーズの合挽ハンバーグの肉の粒感、弾力、旨みを科学的に分析・研究し、大豆ミートで再現している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.09.09
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

デニーズの「ハンバーグ」をもっと環境にやさしく、もっとヘルシーに

ファミリーレストラン「デニーズ」で9月6日より、デニーズの定番メニューと言えるハンバーグメニューが、大豆ミートでも楽しめるようになった。

大豆ミートとは、牛肉や豚肉などの代わりに植物由来の材料でつくった代替肉で、タンパク質など肉と同等の栄養を植物由来で摂ることができる。また、牛肉の生産過程で消費される水や穀物の量、排出される温室効果ガスの問題などから、環境へ配慮したサステナブルな食材として注目を集めている。

デニーズでは、健康、環境へ配慮したメニュー提案として、2021年5月より大豆ミートのメニューを販売しているが、来店客からは「非常に食べやすい」と好評の声が寄せられてきた。

さらに多くの人に試してほしいという思いから、今回、デニーズ定番のハンバーグ5種類をプラス50円で大豆ミートのハンバーグに変更できるようメニューが追加された。

3社による共同開発「ゼロミート」 デニーズの合挽ハンバーグを再現

ゼロミートのロゴ

Photo by 株式会社セブン&アイ・フードシステムズ

提供する大豆ミート「ゼロミート」は、デニーズを運営する株式会社セブン&アイ・フードシステムズとスターゼン株式会社、大塚食品株式会社の3社で共同開発したデニーズ専用の大豆ミートだ。

専用に開発された原料を使用し、いくつもの大豆由来原料を組み合わせ、試作を何度も繰り返して、ハンバーグにふさわしい配合を完成させた。

デニーズの合挽ハンバーグの肉の粒感、弾力、旨みを科学的に分析・研究し、大豆ミートで見事に再現されたメニューとなっている。

お問い合わせ先/株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
https://www.dennys.jp/menu/zeromeat/

※掲載している情報は、2022年9月9日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends