BEAUTY

「リトリート」が意味する“向き合う時間” 今すぐ実践できる4つのアイデア

あふれる情報、忙しい日々、人間関係。現代人は常にストレスに晒され、心も体も疲れているため、日常を忘れてリフレッシュする時間を持つことが必要だ。欧米で注目度が高まっている「リトリート」で、ストレスも疲れもリセットしてみてはいかがだろうか。言葉の意味や実践的なアイデアなどをお届けする。

2020.07.07

「リトリート」の意味とは?

遠くの山並みを見つめる女性

Photo by Darko Popovic on Unsplash

ストレス社会に生きる現代人の新たなリフレッシュ法として、「リトリート」というアプローチがにわかに注目を浴びている。

リトリート(Retreat)とは、数日間住み慣れた土地を離れて、仕事や人間関係で疲れた心や体を癒す過ごし方のこと。観光が目的の旅行とは違い、日常を忘れてリフレッシュすることを目的とする。ストレスフリーな暮らし方の実践法としては、デンマーク発祥のライフスタイル「ヒュッゲ」とも近しい。

リトリートの語源はリトリートメント(retreatment)。本来は避難所や隠れ家の意味を持っていたが、近年欧米では「日常生活から離れてリフレッシュする時間をもち、心身ともにリセットする」といった意味で使われていて、日本では『転地療法(療養)』とも言い換えられる。

また、仏教にもリトリートの考え方が存在するという。「ヴィパッサナー」というインドのもっとも古い瞑想法のひとつがそれにあたる。ヴィパッサナー(Vipassana)とは、「物事をあるがままに見る」という意味。外界とのコミュニケーションを一切経ち、いま、この瞬間に意識を集中することで、ありのままの自分に気づくというものだ。

「3つのR」から「4つのR」へ リトリートのメリット

鬱蒼とした森

Photo by Jacek Smoter on Unsplash

リトリートは、忙しい毎日を忘れて心と体を休め、リフレッシュするために主に自然豊かな場所で行う。日常の喧騒から離れ、自然の豊かさを感じながら自分を見つめ直すーー。ゆったりと流れる時間のなかで、さまざまなことに思いを巡らせられるのがリトリートのメリットだ。

家や近所の街並みなど、いつもと同じ環境のなかにいるとなかなか心からリラックスできない。ところが、数日間でも違う環境に行くと、日常を忘れて心身ともにリフレッシュでき、疲れをリセットすることができる。

また、忙しく過ごしていると自分自身と向き合う時間も忘れてしまうが、リトリートを行うことによって、自分が何を考え、何に悩み、これからどうしたいのかを落ち着いて考えることができる。慌ただしい毎日を過ごし、ストレスを抱えている現代人にとって、リトリートはメリットが多いのだ。

これまでメンタルヘルス分野で推奨されていたのは、肉体の疲労を解消するレスト(Rest)、楽しいひとときを過ごし気分転換をするレクレーション(Recreation)、緊張をほぐすリラクゼーション(Relaxation)の頭文字をとった「3つのR」の考え方だった。

しかし、ここ数年はさらにリトリートメントが加わり、「4つのR」として認知されはじめている。心身の健康を保つためには、日常から物理的に離れることが重要だという考えが浸透してきているのだ。

無理なく続けられる4つのアイデア

湖畔の桟橋に座っている人

Photo by Simon Migaj on Unsplash

では、具体的にどんなことをするのがリトリートと言えるのだろうか。自宅や会社などから物理的に離れる以外には、必ずこれを行うべきという決まりはない。自分自身が心の底からリラックスできることを見つけることが大切だ。

1.温泉

日本ならではのリトリートといえば、温泉だ。ゆっくり温泉に浸かって体を温めることで、緊張がほぐれて心身ともにリラックスできる。体が温まって血行が良くなることで新陳代謝が高まり、疲労回復効果も期待できるのも温泉のいいところだ。

露天風呂や秘境の温泉などで美しい景色を眺めながら温泉に入れば、体の疲れがとれ、心が満たされるだろう。

2.ヨガ

美容やボディメイクのためにヨガを行う人も多いが、本来ヨガは呼吸法とポーズ、瞑想をによって心を浄化し、辛さや苦悩から逃れることを目的としている。

ヨガの呼吸法は、自律神経を整えて心や体の不調を取り除き、瞑想は集中力を高める効果があり、毎日を慌ただしく過ごす現代人にはぴったりのリラックス法だ。

豊かな自然の中でヨガをすればさらに心が安定し、ゆっくり自分自身と向き合うこともできるので、リトリートでヨガを行う人は多い。

3.メディテーション(瞑想)

メディテーション(瞑想)は、ストレスホルモンの減少やリラックス効果が科学的に証明されている。心身をリラックスさせる副交感神経が働き、自律神経のバランスが整うのだ。

ふだん私たちは情報を取り込みすぎ、いろいろなことを考えすぎてしまっている。静かな場所で目を瞑り、呼吸だけに集中するメディテーションを行うと、雑念を忘れ心の底からリラックスすることができる。
※掲載している情報は、2020年7月7日時点のものです。

Shopping

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 天然素材が肌に触れる心地よさ Addition Studioのアイマスク「Eye Pad」

  • 天然石を彫刻したモダンアートのようなダンベル Addition Studio「Marble Dumbbell」

  • Vol.3 この惑星の未来を守る 世界初クローズドループヨガマット「hejhej」

  • 自分でつくれる石けん「リバッチクレイキット」発売 パーソナライズ石けんブランド「9.kyuu」から

  • 「サスティナブルコスメアワード2020」受賞作品が発表 「しっとり瀬戸内 ハーブ・ウォーター」がゴールド獲得

  • 発酵から生まれた洗顔石けん「奥州サボン ナチュラル」がリニューアル

  • オーガニックソープ「マジックソープ」から桜の香りのお得なセットが限定発売