オーガニック食品の見分け方とは メリット・デメリットを考えてみよう

有機野菜などのオーガニック食品

Photo by Brad Stallcup on Unsplash

健康志向の高まりや地球環境への関心が増すなか、オーガニック食品に興味を持つ人が増えている。オーガニック食品の意味から、オーガニック食品を見分けるマーク、メリットとデメリットについて解説する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2022.01.26
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

目次

オーガニック食品とは

有機栽培された野菜などのオーガニック食品

Photo by Dylan de Jonge on Unsplash

そもそもオーガニック食品とはなんだろう。オーガニックとは、もともと「有機体の」という意味の英単語。そこから転じて、農薬や化学肥料に頼らない有機農法で育てられた農産物や、それらを原料に加工した食品のことを指すようになった。

例えば、農産物なら農薬などに頼らず、家畜のふんなどからつくった堆肥で育てる。畜産物は、環境に負荷が少ない有機農法で生産された飼料で育てる。加工食品は、有機農法で栽培された原料をもとに、化学的に合成した食品添加物を加えずつくるなど、オーガニック食品の生産は手間がかかる。

しかし、消費者の食への意識が高まっており、オーガニック食品への注目はますます上がっている。

認証マークでオーガニック食品を見分けよう

スーパーなどで買い物する際、オーガニック食品をどのように見分けたらいいだろう。オーガニック食品には、以下のような認証マークがついているため、これらを目印にするとわかりやすい。

有機JASマーク

有機食品を認証する日本の制度が、有機JASマークだ。「オーガニック」または「有機」と名乗るには、農林水産省が管轄する「有機JAS」の認証制度に申請し、認証されなければならない。

USDAオーガニック

世界各国にもオーガニック認証制度は存在する。USDAオーガニックは、アメリカ農務省(USDA)が管轄とするオーガニック認証制度。農産物、畜産物のほか、アルコール、タバコ、化粧品、テキスタイルなども対象となっている。

EUオーガニック

ヨーロッパにはEUオーガニック認証という統一認証制度がある。欧州委員会が定めた基準にしたがって生産されたことを示すものだ。この認証を受けなければEU加盟国内でオーガニックを名乗ることはできない。認証の対象となるのは、農産物、加工農産物、畜産物、飼料、ワインなど。

オーガニック食品を選ぶメリットとは

オーガニック食品はなぜ注目されるのか。オーガニック食品を選ぶことで得られるメリットを見ていこう。

消費者の食の安心安全と健康

オーガニック食品に興味を持つ入り口として、多くの人は食の安心安全や健康から興味を持つのではないだろうか。化学肥料や遺伝子組み換えなどに頼らない、自然本来の力を引き出した有機栽培は人体にやさしいばかりか、地球環境にもやさしい。有機で栽培された農産物は栄養価が高まるものが多いと言われており、健康増進にも一役買ってくれるだろう。

生産者の安心安全と健康

農業従事者がマスクを装着して農薬散布を行う写真などを見たことはないだろうか。それだけ、農薬は私たちの健康へ影響を及ぼすもの。だからこそ、農薬や化学肥料などを用いない有機農法は、消費者だけでなく生産者の安心安全を守ることになる。

自然環境の保持、改善

有機栽培で生産されることは、すなわち、土を健康に保つことに直結する。地中には目には見えないが、膨大な数の微生物が生息し、それらが食物連鎖の底辺を支えている。その大切な役割を果たす微生物は、農薬や環境ホルモン、遺伝子組み換えによって減少し、生態系のバランスは崩れていってしまう。つまり、オーガニック食品は自然環境の保持や改善につながっているのだ。

オーガニック食品を選ぶデメリットとは

有機野菜などのオーガニック食品を選ぶメリットは

Photo by Federico Respini on Unsplash

人にやさしく環境改善に寄与するオーガニック食品だが、デメリットはあるのだろうか。

価格が高い

オーガニック食品の生産には手間暇がかかるうえ、化学肥料を用いたものより生産量も少ない。そのため、オーガニックでない同等の製品より高価になる傾向がある。しかし、オーガニック食品が高いというより、丁寧に生産された適正な価格と考えることができる。

不揃い、見た目がイマイチ

オーガニックで生産された農作物は、形や色、サイズが不揃いになる。そのため、流通経路に乗りにくいという悪循環が起きやすい。消費者が、形がきれいでサイズが揃った食品を求め続ける限り、いびつなオーガニック食品はデメリットであり続ける。だが、形、大きさ、色味の違いを個性と受け止めれば、不揃いはデメリットではなくなるだろう。

選択肢が少ない

オーガニック食品の生産は手間がかかるため、これまで有機農法を取り入れる農家や生産者は少なかった。全体的な生産量が少なく、また流通経路も確立していなかったため、消費者の選択肢は限られたものだった。

しかしながら、近年は有機農法を選ぶ意欲的な生産者が増えている。また、大手のスーパーなどでもオーガニック食品を手に入れられるようになってきたため、選択肢は徐々に増えている。多くの消費者がオーガニック食品を求めれば、選択肢はさらに増えていくだろう。

オーガニック食品を通販で買うなら

オーガニック食品を通販で買うときにおすすめのオンラインショップは shopping

Photo by Brooke Lark on Unsplash

オーガニック食品の選択肢は広がりつつある。とはいえ、「近くに店舗がない」「自分が望むような商品がない」といった悩みがあるかもしれない。

そこで頼りになるのが、オンラインで購入できる通販だ。『ELEMINIST SHOP』ではオープン当初から「オーガニックを選ぼう」をポリシーのひとつにかかげ、厳しい目で選りすぐったオーガニック食品を多数取り扱っている。

オーガニック食品だけでなく、ヴィーガンやベジタリアン対応の食品も取り揃えているので、チェックしてみてはいかがだろうか。

オーガニック食品を選び、地球との心地よい関係を

オーガニック食品を自ら進んで選ぶことは、自分の心と体に心地よい。そればかりか、生産者の体にもやさしく、なにより地球環境への配慮につながる。環境のことを考えたオーガニック食品は、より滋味深く食べもののありがたみを感じられるのではないだろうか。

※掲載している情報は、2022年1月26日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends