【最新】世界大学ランキング2022発表 東大が35位 日本は100以内に2校

ケンブリッジ大学などを含めた「世界大学ランキング2022」

Photo by Malgorzata Bujalska on Unsplash

大学の教育研究活動に関するさまざまな項目を評価する「世界大学ランキング」。タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが発表した、最新の「2022年世界大学ランキング」について、評価方法とあわせて紹介。東大・京大などの日本の大学のランキングや、世界の大学の動向も解説する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2021.10.28

世界大学ランキングとは

ハーバード大学などを含む、世界大学ランキング2022

Photo by Somesh Kesarla Suresh on Unsplash

日本にある大学は786校。アメリカは3,004校、イギリスは162校、中国は1,237校で、世界には数多くの大学がある。(※1)そこで、各国の主要大学の教育研究活動に関するさまざまな項目を評価し、それをもとに総合的に順位づけしたものが、世界大学ランキングだ。

世界大学ランキングとして有名なのが、イギリスの教育関連情報誌「Times Higher Education(THE:タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)」が発表するものだ。

THEが発表した2022年のランキングでは、世界99ヶ国・地域にある1,600以上の大学を対象としている。1,440万件以上の研究書物での引用数や、約22,000人の学者へのアンケート調査、2,100以上の機関から収集したデータなどをもとに、作成された。(※2)

このランキングは、入学試験の難易度で使われる「偏差値ランキング」とは異なり、研究の影響力や国際性などを基準に評価している。

評価基準となる5分野

THEの世界大学ランキングは、以下の5分野と割合を基準に評価している。(※3)

(1)教育・学習環境(30%)
・評判調査:15%
・学生1人あたりの教員数:4.5%
・学士号から博士号取得者の比率:2.25%
・博士号取得者と教員の比率:6%
・教育機関の収入:2.25%

(2)研究(30%)
・評判調査:18%
・研究収入:6%
・研究生産性:6%

(3)論文の引用数(30%)

(4)国際性(7.5%)
・留学生の割合:2.5%
・海外からの教員数:2.5%
・国際協力:2.5%

(5)業界からの収入(2.5%)

最新2022年世界大学ランキング

上記の5分野の評価をもとにした、THEの「世界大学ランキング2022」トップ100は以下の通りだ。

順位
(前年)
大学名総合スコア
1位(1)オックスフォード大学イギリス95.7
2位(4)カリフォルニア工科大学アメリカ95.0
2位(3)ハーバード大学アメリカ95.0
4位(2)スタンフォード大学アメリカ94.9
5位(6)ケンブリッジ大学イギリス94.6
5位(5)マサチューセッツ工科大学アメリカ94.6
7位(9)プリンストン大学アメリカ93.6
8位(7)カリフォルニア大学バークレー校アメリカ92.2
9位(8)イェール大学アメリカ90.8
10位(10)シカゴ大学アメリカ89.8
11位(17)コロンビア大学アメリカ89.6
12位(11)インペリアル・カレッジ・ロンドンイギリス89.1
13位(12)ジョンズ・ホプキンス大学アメリカ88.4
13位(13)ペンシルベニア大学アメリカ88.4
15位(14)スイス連邦工科大学チューリッヒ校スイス88.2
16位(23)北京大学中国87.5
16位(20)清華大学中国87.5
18位(18)トロント大学カナダ87.2
18位(16)ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンイギリス87.2
20位(15)カリフォルニア大学ロサンゼルス校アメリカ86.7
21位(25)シンガポール国立大学シンガポール85.2
22位(19)コーネル大学アメリカ85.0
23位(20)デューク大学アメリカ83.5
24位(22)ミシガン大学アナーバー校アメリカ83.1
24位(24)ノースウェスタン大学アメリカ83.1
26位(26)ニューヨーク大学アメリカ82.4
27位(27)ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスイギリス80.8
28位(28)カーネギーメロン大学アメリカ80.6
29位(29)ワシントン大学アメリカ79.8
30位(30)エディンバラ大学スコットランド78.9
30位(39)香港大学香港78.9
32位(32)ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンドイツ78.6
33位(31)メルボルン大学オーストラリア77.8
34位(33)カリフォルニア大学サンディエゴ校アメリカ77.7
35位(35)キングス・カレッジ・ロンドンイギリス76.0
35位(36)東京大学日本76.0
37位(34)ブリティッシュコロンビア大学カナダ75.8
38位(41)ミュンヘン工科大学ドイツ75.6
39位(36)カロリンスカ研究所スウェーデン74.3
40位(43)スイス連邦工科大学ローザンヌ校スイス74.1
40位(46)PSL研究大学フランス74.1
42位(42)ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクドイツ73.6
42位(45)ルーヴェン・カトリック大学ベルギー73.6
44位(40)マギル大学カナダ73.4
45位(38)ジョージア工科大学アメリカ73.3
46位(47)南洋理工大学シンガポール73.0
47位(44)テキサス大学オースティン校アメリカ72.9
48位(48)イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校アメリカ72.6
49位(56)香港中文大学香港71.3
50位(51)マンチェスター大学イギリス71.2
51位(50)ワシントン大学セントルイス校アメリカ70.7
52位(56)ノースカロライナ大学チャペルヒル校アメリカ70.6
53位(62)ヴァーヘニンゲン大学オランダ70.1
54位(59)オーストラリア国立大学オーストラリア70.0
54位(62)クイーンズランド大学オーストラリア70.0
54位(60)ソウル大学韓国70.0
57位(64)モナッシュ大学オーストラリア69.9
58位(51)シドニー大学オーストラリア69.8
58位(49)ウィスコンシン大学マディソン校アメリカ69.8
60位(70)復旦大学中国69.7
61位(54)京都大学日本69.6
62位(54)ボストン大学アメリカ69.5
63位(53)南カリフォルニア大学アメリカ69.3
64位(61)ブラウン大学アメリカ69.1
65位(66)アムステルダム大学オランダ68.9
66位(56)香港科技大学香港68.8
67位(64)カリフォルニア大学デービス校アメリカ67.9
68位(68)カリフォルニア大学サンタバーバラ校アメリカ67.7
69位(75)ユトレヒト大学オランダ67.6
70位(67)ニュー・サウス・ウェールズ大学オーストラリア67.4
71位(70)ライデン大学オランダ67.1
72位(72)エラスムス大学ロッテルダムオランダ67.0
73位(75)シャリテ ベルリン医科大学ドイツ66.8
74位(80)フンボルト大学ドイツ66.3
75位(78)デルフト工科大学オランダ65.8
75位(94)浙江大学中国65.8
75位(73)チューリッヒ大学スイス65.8
78位(78)テュービンゲン大学ドイツ65.4
78位(77)ウォーリック大学イギリス65.4
80位(80)フローニンゲン大学オランダ65.2
80位(69)マクマスター大学カナダ65.2
82位(85)エモリー大学アメリカ65.1
83位(118)ベルリン自由大学ドイツ64.8
84位(100)上海交通大学中国64.7
85位(80)オハイオ州立大学アメリカ63.8
86位(92)グラスゴー大学イギリス63.7
86位(85)ミネソタ大学アメリカ63.7
88位(73)モントリオール大学カナダ63.6
88位(87)中国科学技術大学中国63.6
88位(87)ソルボンヌ大学フランス63.6
91位(129)香港理工大学香港63.3
91位(87)パリ・ポリテクニック研究所フランス63.3
92位(91)ブリストル大学イギリス63.1
93位(90)メリーランド大学カレッジパーク校アメリカ63.0
93位(105)ミシガン州立大学アメリカ63.0
96位(84)コペンハーゲン大学デンマーク62.7
96位(103)ゲント大学ベルギー62.7
98位(98)カリフォルニア大学アーバイン校アメリカ62.4
99位(101)ダートマス大学アメリカ62.3
99位(96)韓国科学技術院韓国62.3

世界から見た日本の大学への評価

上位100校に入った日本の大学は、2021年のランキングと同じく、東京大学と京都大学のみだった。東京大学と京都大学のスコアの内訳は以下のとおりだ。

東京大学 総合スコア76.0
・教育:86.9
・研究:90.3
・論文の引用数:58.2
・国際性:42.0
・収入:88.1

京都大学 総合スコア69.6
・教育:78.5
・研究:78.9
・論文の引用数:58.3
・国際性:38.2
・収入:80.8

どちらも教育や研究のスコアは高いが、論文の引用数と国際性のスコアが低いことがわかる。海外教員の増加や海外の大学との交流などが盛んになり、論文が多く引用されるようになれば、さらなるランキングアップは期待できるだろう。

この他、400位以内に入った日本の大学は、東北大学(201-250位)、大阪大学(301-350位)、東京工業大学(301-350位)、名古屋大学(351-400位)。4校とも国立大学だ。

ランキング上位を占める国・アジアの大学の勢いは

トップ10はアメリカとイギリスが独占し、前年と同じ大学が並んだ。世界トップレベルの教育研究力をもち、世界中から学生が集まる屈指の名門校に、大きな変動はみられないようだ。

一方、アジアでは中国が躍進。北京大学と清華大学が16位になるなど、トップ100に入った5つの大学すべてが前年より順位を上げた。これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の論文が、世界で数多く引用されたことが影響していると考えられる。

また他のアジアでは、シンガポール国立大学が21位、香港大学は30位、ソウル大学は54位といずれも前年よりランクアップ。それぞれの国・地域における過去最高位を獲得した。香港では、91位になった香港理工大学を含め、過去最多の4大学がトップ100に入っている。アジア各国のランクアップ、トップ100への増加が目立つ結果となった。

世界大学ランキングは教育・研究を評価する指標

世界大学ランキングを見ると、世界の教育・研究現場をリードしているのは、欧米諸国であることが明らかだ。しかし近年、アジアの大学がランクを上げてきている。これらのランキングは、今後もその国の教育や研究について評価するひとつの指標として、利用できるだろう。

※掲載している情報は、2021年10月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends