「GREEN KEWPIE」マヨネーズタイプ調味料、パスタソース2品、業務用商品2品で新たな食の選択肢を提供

「GREEN KEWPIE」の新商品

キユーピー株式会社は、「GREEN KEWPIE」から家庭用商品として「植物生まれのマヨネーズタイプ」とパスタソース「植物生まれのボロネーゼ」「植物生まれのカルボナーラ」の3品を、業務用商品からは「ソイツナフィリング」と「大豆ミートのボロネーゼ(ペンネ)」を2月に順次発売する。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2024.01.14
FOODS
編集部オリジナル

CO2が発生しない水素焼レストランって?「くらしのサス活」キャンペーンで当たるおいしい賞品

Promotion

サステナブルな食ブランド「GREEN KEWPIE」から新商品5品登場

「GREEN KEWPIE」の新商品

キユーピー株式会社は、プラントベースフード(※1)など“サステナブルな食”に展開するブランド「GREEN KEWPIE」から、家庭用商品として「植物生まれのマヨネーズタイプ」とパスタソース「植物生まれのボロネーゼ」「植物生まれのカルボナーラ」の3品を2月15日(木)に発売する。

また、業務用商品からは「ソイツナフィリング」と「大豆ミートのボロネーゼ(ペンネ)」を2月2日(金)に発売開始する。

「GREEN KEWPIE」は、2023年3月に新たに立ち上げたブランドで、国内・海外(家庭用・業務用)の植物性原材料を主体とした商品や、健康・環境に配慮した商品を展開。世界的に関心が高まるプラントベースフードを中心に商品展開を進め、国内外に新たな食の選択肢を提供していこうとしている。

家庭用は、ドレッシング2品(「植物生まれのごまドレッシング」、「植物生まれのシーザーサラダドレッシング」)と「HOBOTAMA」2品(スクランブルエッグ風、加熱用液卵風)に新商品をあわせた7品、業務用は新商品2品で合計9品のラインアップとなった。

今回の新商品発売を機に、内食・中食・外食でのプラントベースフードの展開を広げ、お客さまの価値観の多様化に応えていくことを目指す。

キユーピーグループならではの技術でおいしさにこだわったプラントベースフード

「植物生まれのマヨネーズタイプ」

植物生まれのマヨネーズタイプ

プラントベースフード市場は、健康志向や環境問題に対する意識の高まり、食料不足への懸念に加え、食品開発のテクノロクジーの向上が進むなか、世界的に注目され、年々伸長している。

マヨネーズ、ドレッシングなどの調味料は、プラントベースフードを使っている人や使ってみたい人の利用意向が高いことがわかっている(キユーピー調べ)。

その理由は、食卓出現頻度の高いメニューへ日常的に取り入れやすいこと、サラダを始めとする健康的なメニューと親和性が高いことがある。

そこで、キユーピーは、マヨネーズのリーディングメーカーとして、マヨネーズを使用するすべてのお客さまの新たな食の選択肢に応えるためにプラントベースフードであるマヨネーズタイプ調味料「植物生まれのマヨネーズタイプ」を発売。

マヨネーズの必須原材料である卵を使わず、長年のマヨネーズ類の研究で培った技術を用いて、マヨネーズらしいコクとうま味にこだわった。

また、プラントベースフードの利用重視点は「おいしさ」が一番で、7割超の人が味に不安があることもわかっている(キユーピー調べ)。そこで、キユーピーは、おいしさと満足感にこだわり、動物性原材料である肉や乳、卵の代わりに植物性原材料を使用し(※2)、ゆでたパスタにあえるだけのパスタソースである「植物生まれのボロネーゼ」「植物生まれのカルボナーラ」の2品を発売することとなった。

ミートソース(ボロネーゼ)とカルボナーラはパスタソースのなかでお客さまからの支持が高いフレーバーとなっており、カルボナーラには、先に発売している「HOBOTAMA」の技術を応用し、卵らしいおいしさを実現した。

さらに業務用商品からツナを植物性原材料に置き換えたツナマヨ風フィリング「ソイツナフィリング」と大豆ミートと野菜の具材感のあるソースでペンネをあえた「大豆ミートのボロネーゼ(ペンネ)」を発売。インバウンドで高まる外食市場でのプラントベースフードの需要に貢献していくとしている。

多様な食の選択肢を提供し、一人ひとりのお客さまの食生活に寄り添うパートナーに

キユーピーグループのプラントベースフードの始まりは、2021年6月に業務用から発売した「HOBOTAMA(スクランブル)」だ。その後、家庭用商品を希望する多くのお客さまの声を受け、2022年3月に家庭用「HOBOTAMA」2品(スクランブルエッグ風、加熱用液卵風)を発売した。

さらに2023年3月には新ブランド「GREEN KEWPIE」を立ち上げ、ドレッシング2品(「植物生まれのごまドレッシング」、「同シーザーサラダドレッシング」)を発売、2023年11月に家庭用「HOBOTAMA」2品を「GREEN KEWPIE」ブランドに変更した。

キユーピーグループは、一人ひとりの価値観や健康、地球環境配慮など、プラントベースフードを選ぶさまざまな理由に寄り添うために、代替卵、調味料、パスタソース、業務用商品と拡大することで、これからも多様な食の選択肢のある社会に貢献していくとしている。

※1 植物由来の原材料を使用し、畜産物や水産物に似せてつくられている食品のこと(消費者庁ホームページより)
※2 プラントベースフードのキユーピー社内基準に基づき、1次、2次原料に肉類・魚介類・卵・乳成分など動物性由来原料を含まない。

商品一覧

商品一覧

家庭用商品 調味料

植物生まれのマヨネーズタイプ

キユーピーの独自技術により、マヨネーズらしいコクとうま味が楽しめる。コレステロールは0mg。

家庭用商品 パスタソース

植物性の原材料でつくった、ゆでたパスタにあえるだけで、おいしさと満足感が得られるパスタソース。

植物生まれのボロネーゼ

じっくり炒めた玉ねぎとにんじん、トマトペーストに複数の野菜の甘みを加えて煮込んだ大豆ミートのボロネーゼ。スパイスを使いこなし、コク深い味わいに仕立てている。

植物生まれのカルボナーラ

アーモンドベースのコクのあるソースに、燻製ブラックペパーを加え、調理感を引き立たせた植物生まれのカルボナーラソースです。HOBOTAMAの技術を応用し、濃厚なコクを実現した。

業務用商品

ソイツナフィリング

大豆たん白でできた植物生まれのツナマヨ風フィリング。サンドイッチやおにぎりのフィリングとしてはもちろん、野菜などをあえるソースにも使える。玉ねぎの食感がアクセント。

大豆ミートのボロネーゼ(ペンネ)

植物生まれのボロネーゼ(ペンネ)。大豆ミートと野菜の具材を感じる仕立てで、そのままはもちろん、温めても使える。

お問い合わせ先/キユーピー株式会社
https://www.kewpie.com/

※掲載している情報は、2024年1月14日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends