環境にやさしいボディソープ16商品 無添加&オーガニックタイプを厳選

環境にも肌にもやさしいオーガニックボディソープ

Photo by Nat Belfort on Unsplash

毎日の生活に欠かせないボディソープ。洗浄力や保湿力はもちろんのこと、環境にやさしいかという視点で選んでみるのはいかがだろう。ここでは環境にやさしく、肌にもやさしい、無添加&オーガニックタイプをそれぞれ厳選してご紹介。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.02.28
FASHION
編集部オリジナル

帝人フロンティア×ELEMINIST ニオイ対策ができて可愛く衣類を包める「ECOPET® ニットバッグ」誕生

Promotion

一般的なボディソープの懸念点とは

一般的なボディソープに使われる合成界面活性剤は高い洗浄力や泡立ちのよさがある一方で、水質汚染へのリスクが懸念される。近年はさまざまな洗浄成分が開発されているが、分解されやすいとされる界面活性剤でも水底に蓄積されてしまうという研究データも存在する(※1)。もともとは自然界に存在しない化学物質は、どうしても環境に負荷を与えてしまうものなのだろう。

また、それは人にも例外ではない。洗剤に触れると手荒れやひび割れを引き起こす場合もあるし、原因不明のアレルギー症状や化学物質過敏症に悩む人も少なくない。ボディソープには皮膚への刺激が弱い界面活性剤が使われるが、人工的につくられたものは少なからず肌への刺激になり得る。

環境にやさしいボディソープの魅力

オーガニック 自然 レモン

Photo by Chandra Oh on Unsplash

環境にやさしいボディソープは、合成界面活性剤をはじめ石油由来成分や化学合成成分などを使用していないか、極力使用を抑えており、天然・植物由来の成分でつくられている。毎日使うものだからこそ、製造時や使用時の環境負荷の軽減と肌へのやさしさが大きな魅力だ。

具体的には自然・植物由来成分を主原料にした、”化学合成成分無添加”の無添加ボディソープや、そのうえで、原料に有機栽培された植物由来成分を含んでいるオーガニックボディソープなどが挙げられる。

環境にやさしいボディソープの選び方

環境にも肌にもやさしいオーガニックボディソープと手

Photo by Matthew Tkocz on Unsplash

では、環境や肌にやさしいボディソープを選ぶときには、どのような点に着目したらよいか。ニーズの高まりから”無添加ボディソープ”や”オーガニックボディソープ”と謳うアイテムは数多く登場している。ここでは押さえたいポイントをご紹介。

石油由来の合成界面活性剤が使われていないか

石油由来の合成界面活性剤は高い洗浄力と泡立ちのよさから使い勝手がよく、大量生産にも適しているため使われやすい。しかし原料の石油は有限であるし、生分解性が低く水質汚染へのリスクが懸念される。そもそも地球に存在しなかったものなので自然界で循環せずに地球に残り続けてしまうというデメリットがある。ボディソープを選ぶときには、天然由来の界面活性剤を使用したものを選ぼう。原料となる植物は繰り返し栽培が可能であり、自然界で循環しやすく環境への負荷も少ない。

そのほかの成分においても、できる限り石油由来成分や化学合成成分を含むものは避けて選びたいところ。”化学合成成分無添加”のボディソープや、有機栽培された植物を原料に用いたオーガニックボディソープなら、地球にも肌にもやさしい選択ができる。

保湿力があるか

余計なものを極力排除したシンプルな配合が特徴の無添加&オーガニックボディソープでも、肌の潤いを保つ保湿成分は欠かせない。シアバターやホホバオイル、オリーブ油などの植物オイルやヒアルロン酸、自然由来のセラミドなどを配合したアイテムを選ぼう。しっとりとした洗い上がりでカサつきから肌を守り、バリア機能を高めてくれる。

安心できるブランドか

企業やブランドのことを知ることも大切だ。どのような背景から始まったブランドであるのか、どういった成分を使用し、どのような製法でつくっているのかも押さえておきたいポイント。環境問題への取り組みや社会活動など、指標となるものはたくさんあるので、ブランドサイトなどを確認し、安心できるブランドを選択するのもいいだろう。

オーガニック認証もひとつの指標に

厳しい審査基準をクリアしないと得られないオーガニック認証を取得しているかどうかも、指標のひとつになる。例には、原料から製品になるまでの95%以上がオーガニックであると証明されたものに与えられる「エコサート認証」や、アメリカの農務省が厳しい基準を定めている「USDA認証」、イタリアのオーガニック認証で、化粧品には植物原料を前提にオーガニック植物原料を用いるなど厳密な基準を設けている「ICEA認証」などが挙げられる。

世界・日本のオーガニック認証一覧 コスメから食品まで基準も解説

関連記事

”好みの香り”も大切なポイント

一日の終わりにお風呂で体を洗うとき、気分が安らぐ香りに包まれるもの大切な癒しのひととき。無添加&オーガニックボディソープには植物由来の精油を使用したものも多い。自分好みの香りを見つけてみて。

おすすめの環境にやさしいボディソープ16商品

ここでは、おすすめのオーガニック由来成分配合のボディソープと化学合成成分無添加のボディソープをそれぞれご紹介。どちらも天然由来成分70%以上のアイテムを厳選。

オーガニック由来成分配合の”オーガニックボディソープ”9商品

Waphyto(ワフィト)|ボディウォッシュ ナーチュア 250ml

Waphytoのボディウォッシュ ナーチュア ボディソープ link

Waphyto(ワフィト)|ボディウォッシュ ナーチュア ボディソープ 250ml ¥2,750(税込)

「Waphyto」は、愛知県東三河産の植物を取り入れたトータルライフケアブランド。東三河の農家の手によって無農薬で育てられた桑、菊、ゴツコラ、スギナ、ヨモギの5種類のハーブを独自に取り入れ、幅広くプロダクトを展開している。

リキッドタイプのボディウォッシュは、天然由来成分75%以上、天然植物精油100%使用。石油系界面活性剤や合成香料、合成着色料、パラベン、エタノールは使っていない。肌にうるおいを与えながらしっとり洗い上げてくれるので、乾燥肌の人にもおすすめ。ラベンダーやレモン、オレンジなどの精油をブレンドした香りでリラックス効果も期待できる。

NEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤードレメディーズ)|イングリッシュラベンダー バス&シャワージェル(液体ボディウォッシュ)200ml

NEAL'S YARD REMEDIESのイングリッシュラベンダー バス&シャワージェル link

NEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤードレメディーズ)|イングリッシュラベンダー バス&シャワージェル(液体ボディウォッシュ) 200ml ¥2,640(税込)

原材料にこだわる「NEAL'S YARD REMEDIES」は、水を除く70%以上がオーガニック成分。土壌や環境、栽培方法など、厳格な規定をもつ英国の「ソイル・アソシエーション・サーティフィケーション認証」の原材料や米国の「USDAオーガニック認証」の原材料を使用している。

パラベンやシリコン、合成香料、鉱物油不使用のこちらは、保湿成分であるカモミールとオーツエキス配合で肌をやさしくケアしてくれる。ボディソープとしての使用のほか、入浴剤としてお風呂に入れて楽しむこともできる。テーブルスプーン1〜2杯分を蛇口の下に落とし、お湯を勢いよく出して軽く泡立てるのがポイント。ラベンダーの香りに、心も体も癒されて。

THE PUBLIC ORGANIC(ザ・パブリック オーガニック)|精油ボディソープ 480ml

THE PUBLIC ORGANICのスーパーポジティブ ディープモイスト ボディソープ link

THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリック オーガニック)| スーパーバウンシー/スーパーポジティブ ボディソープ 480ml ¥1,408(税込)

「THE PUBLIC ORGANIC」は最終製品の95%以上が天然由来原料であること、製品の香りづけは100%精油で行うこと、という独自の高い基準をクリアした商品づくりを行っている。

ボディソープにはシリコンやパラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料を一切使用していない。シトラスフローラルの香りの「スーパーバウンシー」とフローラルウッディの香りの「スーパーポジティブ」の2種を展開。100%精油由来のやさしい香りが、癒しの時間を生み出してくれる。

THE PERFECT ANCHOR(ザ・パーフェクトアンカー)| ピュアカスチールソープ ラベンダー 944ml

THE PERFECT ANCHORのピュアカスチールソープ ラベンダー link

THE PERFECT ANCHOR(ザ・パーフェクトアンカー)| ピュアカスチールソープ ラベンダー 944ml ¥2,970(税込)

「THE PERFECT ANCHOR」は100%天然成分使用、合成添加物不使用のアメリカ生まれのオーガニックボディソープ。アメリカのオーガニック認定のなかでもきわめて基準が厳しいとされる「オレゴンティルス」のオーガニック認定を取得している。さらに動物実験は行わず、生分解性の高いアイテムを開発するなど環境にも配慮している。

ピュアカスチールソープは1本で顔や体を洗えるだけでなく、メイク落としにもなる優れもの。日本人の肌に合うようにアレンジされている。無香タイプを含む8種のフレグランスをラインアップ。いずれも合成香料ではなくエッセンシャルオイルだけを使用している。お気に入りの香りを見つけて。

F organics|ナチュラルボディウォッシュ ユーカリ&レモングラス 300ml

F organicsのナチュラルボディウォッシュ ユーカリ&レモングラス link

F organics|ナチュラルボディウォッシュ ユーカリ&レモングラス 300ml ¥2,750(税込)

「F organics」は最終製品の99%以上が自然由来原料(水を含む)であること、そのうち植物成分の95%以上がオーガニック原料であること、また製品製造過程において動物実験を行わないといった独自基準を掲げ、環境に配慮した製品づくりを行っている。

アミノ酸系洗浄成分をベースとした、とろみのあるテクスチャーのボディウォッシュはベタつかずに肌をやさしく洗い上げてくれる。ローズマリー葉エキスやセージ葉エキス、チャ葉エキスなど、多様なオーガニック由来の植物エキスが配合されている。

DR.BRONNER'S(ドクターブロナー)| マジックソープ 946ml

DR.BRONNER'Sのマジックソープ シトラスオレンジ link

DR.BRONNER'S(ドクターブロナー)| マジックソープ CI(シトラスオレンジ) 946ml ¥3,960(税込)

カリフォルニア発のオーガニックボディケアブランド「DR.BRONNER'S」。マジックソープは、天然由来成分100%で、無農薬有機栽培で育てられたオリーブ油やココナッツオイル、ホホバオイルを使用。生分解性の高さから、アメリカの国立公園「グランドキャニオン」で使用を推奨されているほどだ。

1本で顔やボディの洗浄のほか、食器洗いや衣類の部分汚れにも使える優れもの。キャンプや旅行といったシーンで活躍する。少量でもしっかり泡立ち、肌のうるおいを守りながらすっきりと洗い上げるので、デリケートな肌の人も心地よく使用できる。こちらのシトラスオレンジをはじめ、11種類のフレグランスを取り揃える。

WELEDA(ヴェレダ)|ざくろ クリーミーボディウォッシュ 200ml

WELEDAのざくろ クリーミーボディウォッシュ link

WELEDA(ヴェレダ) ざくろ クリーミーボディウォッシュ 200ml ¥1,980(税込)

1921年にスイスで生まれたオーガニックブランド「WELEDA」。高く厳しい基準をクリアしたオーガニック製品にこだわる。

クリーミーな泡立ちが特徴のボディウォッシュは、オーガニック由来のゴマ油やヒマワリ種子油、マカデミア種子油、ザクロ種子油、キビ種子エキスを使用。不飽和脂肪酸を豊富に含むざくろ種子オイルが肌にうるおいとハリを与えてくれる。合成保存料、鉱物油、パラベンは不使用。フルーティ&スパイシーな香りが楽しめる。

MammaBaby(ママベビー)|ボディソープ S-Green 500ml

MammaBabyのボディソープ S-Green link

MammaBaby(ママベビー)|ボディソープ S-Green 500mL ¥1,650(税込)

創業者の娘が重度のアトピーを持って産まれてきたことがきっかけで生まれたオーガニックボディ&ヘアケア用品ブランド「MammaBaby」。医療機関向けに良質なオーガニック製品を開発し、提供している。

植物由来成分96.36%のボディソープは肌への負担が少なく、新生児や洗顔にも使用可能。水に溶けやすくキメの細かい泡で摩擦による刺激を抑えながら汚れを落とし、有機農法にこだわって栽培したアロエベラやフユボダイジュのエキスが肌の乾燥を防いでくれる。

華密恋|ボディソープ 350ml

華密恋のボディソープ オーガニック link

華密恋 ボディソープ 350ml ¥2,750(税込)

1982年の創業以来、農薬を使わず有機肥料で栽培した国産のカモミールを独自の製法で凝縮させたカミツレエキスを使用した製品づくりを行う「華密恋」。”カミツレ”とは古くから薬草として親しまれてきたジャーマンカモミールの和名。日本ではカモミールティが身近だが、植物療法が盛んなヨーロッパでは肌に潤いを与えるとされ、乾燥や湿疹、あせもなどの肌トラブルに使われてきた。

肌に刺激の少ない液体石けんベースのボディソープは、赤ちゃんから敏感肌の人まで安心して使用可能。独自の製法で2倍濃縮したカミツレエキスを5%配合。カミツレエキスとオーガニックホホバ油の保湿力で、しっとりとした洗い上がり。余計なものは一切入れないというこだわりのもと、合成香料、合成着色料、鉱物油は不使用。

化学合成成分無添加の”無添加ボディソープ”7商品

Juniper Ridge(ジュニパーリッジ)|ボディウォッシュ レッドウッドミスト

Juniper Ridgeのボディウォッシュ レッドウッドミスト shopping

Juniper Ridge(ジュニパーリッジ)|ボディウォッシュ レッドウッドミスト 236.5 ml ¥2,600(税込)

「Juniper Ridge」は、カリフォルニア州オークランドで生まれた「自然そのままの香りが楽しめる」をコンセプトに掲げたホームケア・ボディケア製品ブランド。創設から20年間にわたり、アメリカ西部を旅しながら雄大な自然の芳香を研究し、開発を行っている。毎年利益の10%または売上の1%の大きい方を環境保護団体へ寄付するなど、社会活動も積極的に行う。

持続可能な方法で収穫された植物から伝統的な蒸留技術で抽出した原料を用いて手づくりされているボディウォッシュは、極めてシンプルな処方。体だけでなく洗顔やハンドソープとしても使用できる。

ecostore(エコストア)|ボディウォッシュ ローズ&ゼラニウム 400ml

ecostoreのボディウォッシュ ローズ&ゼラニウム link

ecostore(エコストア) ボディウォッシュ ローズ&ゼラニウム 400ml ¥858(税込)

「ecostore」は、自然由来の商品でサステナブルな暮らしをサポートするブランド。健康・安全・品質のすべての基準を満たす製品を生み出すことを目標とし、信頼できる原料のみを使用して日々開発を行っている。

化学合成成分無添加のボディウォッシュには、ニュージーランド原産の植物”ニューサイラン葉エキス”が配合されており、保湿力に優れている。なめらかな泡のテクスチャーで汚れをスッキリ落とし、肌にうるおいを与えてくれる。ローズ&ゼラニウムの香りで日々に癒しのひとときを。

WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス)|キココ全身シャンプー 275ml

WELINA ORGANICSのキココ全身シャンプー link

WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス) キココ全身シャンプー 275ml ¥2,200(税込)

「WELINA ORGANICS」は、ハワイ州各島で採取されるオーガニック植物原料と海洋深層水を全アイテムに配合し、天然成分100%にこだわった製品づくりを行うナチュラルコスメブランド。また、化学系薬品や保存料、鉱物系原料、副作用や肌に刺激を与えると考えられる原料を一切使用していない。

主成分であるオーガニック植物原料は、深い山中で人の手により採取され、昔ながらの圧搾機で丁寧に絞り出している。一切の精製工程や熱工程を通さず、生きた状態で充填されるのが特徴だ。海洋深層水は約2000年もの時をかけて流れるアイスランドの氷河水。高浸透で人間の生体水に近いミネラル類が豊富に含まれているそう。シャンプーとしても使用可能。

MAMA BUTTER(ママバター)|ボディソープ 500ml

MAMA BUTTERのボディソープ link

MAMA BUTTER(ママバター)|ボディソープ 500ml ¥1,100(税込)

「MAMA BUTTER」は、サステナブルな取り組みを積極的に行っているブランドだ。トレーサビリティ(追跡可能)が確保できるシアバターを厳選するほか、現地生産により現地アフリカの継続的な雇用を生み出し、経済的自立を保証。さらに地元住民の生活状況の改善や教育サポートなどの取り組みを行う。

すべての商品に使用している「シアバター」は、アフリカ大陸の赤道近くの地域で育つシアの木の実からつくられており、強い日差しや乾燥など過酷な環境で暮らす人々の肌を守ってきた。原産地では保湿だけでなく食用や塗り薬としても親しまれているそう。オーガニックシアバターとシアバター由来の洗浄成分を使用したボディソープは、なめらかな泡で汚れを抱き込むように洗い上げ、風呂上がりもつっぱらずに肌の潤いを保つ。

PAX Olie(パックスオリー) |泡 ボディソープ 450ml

PAX Olieのボディーソープ link

PAX Olie(パックスオリー) |ボディーソープ 泡 ボディソープ 450ml ¥1,336

「PAX Olie」は、100%自然由来成分にこだわり、洗浄剤に石けんを使用したブランド。オリーブの果実や葉、枝からとれるエキスを配合した製品を展開している。天然油脂にとって大敵である”酸化”による肌への刺激や影響を少しでも減らすため、通常は食用として使うフレッシュなヴァージンオリーブオイルを高い技術で精製し使用しているのが特徴。

ボディソープには窯炊き製法というシンプルな製法でつくられた石けんが使われており、製造の過程で生まれる保湿成分”グリセリン”が敏感な肌もやさしく潤す。泡で出るボディーソープは手で洗うことで余計な摩擦をかけず、肌をやさしく洗い上げてくれる。

MIYOSHI(ミヨシ)|無添加せっけん泡のボディソープ

MIYOSHIの無添加せっけん 泡 ボディソープ link

MIYOSHI(ミヨシ)|無添加せっけん泡のボディソープ 500ml ¥549(税込)

「ミヨシ」は、”ひとにやさしく、地球にやさしい”をスローガンに掲げる石けんメーカー。サステナブルな方法で生産されたパーム油を使用した商品に認められる「RSPO認証」をはじめ、複数の認証を取得しているブランドだ。

泡状のボディソープは泡持ちがよく、洗い終わりもぬるつきのないさっぱりとした仕上がりに。敏感肌や乾燥肌の人をはじめ、小さな子どもまで安心して使用できる。

シャボン玉石けん|無添加 ボディソープ たっぷり泡 570ml

シャボン玉石けんの無添加 ボディソープ たっぷり泡 link

シャボン玉石けん|無添加 ボディソープ たっぷり泡 570ml ¥841(税込)

1910年に創業、1974年から”無添加石けんで、健康な体ときれいな水を守る”という理念のもと商品づくりを行っている「シャボン玉石けん」。グレープシードオイルをカリ石ケン素地の原料に使用したボディソープは、香料や着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤などの添加物不使用。釜炊き製法でつくられるボディソープには天然の保湿成分が含まれており、しっとりとした洗い上がりに。

環境にやさしいボディソープで、心地よいバスタイムを

毎日使うボディソープだからこそ、少しでも環境や肌に配慮されたものを選びたい。ブランドによって、使用している成分や製造方法、また企業としての環境や社会に対するアクションもさまざまだからこそ、まずは「知る」というアクションが必要だ。

環境に配慮されたものを選択することは、同時に人や肌にやさしいものを選択することにつながる。一人ひとりがそういった選択を重ねていくことで、やがて大きな変化がうまれる。お気に入りのボディソープを見つけて、環境にも私たちにとっても心地よいバスタイムを過ごそう。

※掲載している情報は、2023年2月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends