「ケンタッキーフライドチキン」全店に環境対応ウッドスプーンを10月から順次導入

ウッドスプーン

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社はケンタッキーフライドチキン店舗にて、2022年10月より従来のプラスチックスプーン、プラスチックフォークを廃止し、カトラリーの一部をウッドスプーン(環境配慮型)へ順次切り替えていく。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.10.20
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

「ケンタッキーフライドチキン」ウッドスプーン切り替えでプラスチック使用量を年80.6トン削減

ウッドスプーン

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック資源循環法)」の施行を受け、また「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向けた取り組みの一環として、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗にて2022年10月より、カトラリーの一部をウッドスプーン(環境配慮型)へ順次切り替えていく。これにより従来のプラスチックスプーン、プラスチックフォークは廃止される。

2023年4月末までに国内全店1,183店舗(2022年6月30日時店)に導入する。今後も環境保全への取り組みとして、限りある資源を大切にし、環境を守るための取り組みを積極的に推進していくとしている。

KFCではこれまで、SDGsの達成に向けた取り組みをさまざま進めてきた。例えば、2020年7月にはレジ袋をバイオマス30%配合タイプに切り替えたり、2021年6月にはドリンクのプラカップを廃止、2021年12月からマドラーを木製に素材変更したりするなど。今回も環境保全への取り組みの一つとし、2025年までに店舗で使用するプラスチック包材の40%削減を目指す。

これまでの取り組み

KFCは「安全・安心」な商品の提供を通じて、人々の健康づくりに寄与し、社会に貢献することを目指しており、「おいしさ」を通じて、人々の楽しく、豊かで、しあわせな生活を提供したいとビジョンを掲げている。

気候変動や資源の枯渇、生態系の危機、貧困・飢餓など、私たちが暮らす地球・社会にはいくつもの課題があるが、それらの課題に真摯に向き合い、50年先の未来も、そしてその先もずっと地球と共存していけるよう、事業活動そのものの工夫・改善を通じて持続可能な社会を実現していくとしている。

お問い合わせ先/日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社
http://japan.kfc.co.jp/

※掲載している情報は、2022年10月20日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends