「GOOD NATURE MARKET」カカオ外皮を活用したカカオカレー発売

たっぷりトマトとゴルゴンゾーラの濃厚ビーフカレーのパッケージ

Photo by 株式会社ビオスタイル

複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」が立ち上げた、新しい食スタイルを提案するブランド「GOOD NATURE MARKET」。第一弾として5月20日にデビューしたカカオカレーは、通常廃棄される「カカオハスク」を活用したエシカルなレトルトカレーだ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.05.24
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

廃棄されるはずのカカオハスクをアップサイクルした「カカオカレー」

器に盛られたカカオカレー

Photo by 株式会社ビオスタイル

株式会社ビオスタイルが運営する京都・四条河原町の複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」が、新しい食スタイルを体現した新ブランド「GOOD NATURE MARKET」を5月20日に立ち上げた。同社が展開していた「SIZEN TO OZEN(しぜんとおぜん)」 の名称を新たにしたもので、これまでの"食の未来を創造する食品づくり"というコンセプトを引き継ぎながら、今後は新しいブランドとして展開していく。

第一弾としてデビューしたのは、通常廃棄されてしまうカカオ豆の外皮「カカオハスク」を用いたレトルトカレー「CACAO CURRY(カカオカレー)」シリーズの「たっぷりトマトとゴルゴンゾーラの濃厚ビーフカレー」。化学調味料・着色料・香料は不使用で、素材自体が持つうまみを活用したレトルトカレーだ。

今後は「とうもろこしのまろやかカカオカレー」「ピスタチオ&瀬戸内レモンのマッサマンカレー」など、全6種類のカカオカレーがラインアップしていく予定だ。

体・心・地域・社会・地球 5つの「GOOD」を手軽に食卓へ

たっぷりトマトとゴルゴンゾーラの濃厚ビーフカレーのパッケージ

Photo by 株式会社ビオスタイル

グローバルな社会問題のひとつである食品ロス問題に着目し、立ち上がった同ブランド。体、心、地域、社会、そして地球にGOODという、"5GOOD”なおいしさを、楽しく、簡単に食卓に届けることをテーマに商品づくりを行っている。

「CACAO CURRY」シリーズは、コスタリカ産のカカオハスクを活用。「GOOD NATURE STATION」のパティスリー&チョコレートブランド「RAU」で活躍するシェフショコラティエールが、上質なカカオ豆の産地であるコスタリカの農園に出向き、栽培・乾燥・発行までを監修したオリジナルカカオを使用している。

GOOD NATURE MARKET

たっぷりトマトとゴルゴンゾーラの濃厚ビーフカレー

864円

※2022.05.22現在の価格です。

問い合わせ先/GOOD NATURE STATION
https://goodnaturestation.com/gns/

※掲載している情報は、2022年5月24日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends