SOCIETY

月1,000円以下でカーボンオフセット パーソナルケアブランドの新サービス「Plastic Neutral」

アメリカ・ニューヨークのパーソナルケアブランド「by Humankind」が、月額8ドル(約820円)で同国の平均プラスチック消費量をオフセットできるサービス「Plastic Neutral(プラスチック ナチュラル)」をローンチした。

2020.12.25

平均プラスチック消費量をオフセットできる「Plastic Neutral」

2021年、カーボンオフセットは誰もができる行為になるだろう。

念のため、この定義を説明しておくと温室効果ガスの排出量を埋め合わせることだ。これまでは企業やブランドなどがカーボンオフセットに取り組んでいたけど、これからは個人レベルでも意識できるようになる。

それを象徴するのが、アメリカ・ニューヨークのパーソナルケアブランド「by Humankind」がローンチした「Plastic Neutral」という新しいサービスだ。
「by Humankind」がローンチした「Plastic Neutral」

「by Humankind」は、日常生活で排出される使い捨てプラスチックごみを減らせるプロダクトを製造するというブランドミッションを掲げている。

ガラス瓶に入ったタブレットタイプの歯磨き粉や100%生分解できるデンタルフロス、詰め替えができるデオドラント、アルミニウム容器に入ったハンドサニタイザーなど、さまざまな日用品をサステナブルな仕様にしているのだ。
「Plastic Neutral」で取り扱っているアイテム

ちなみに、2019年11月29日に彼らはブランドとしてカーボンニュートラルを達成している。エシカル・サステナブルライフスタイルを送りたいなら、チェックしておいて損はないブランドといえるだろう。

そんな「by Humankind」が新たなサービスとしてローンチしたのは「Plastic Neutral」。アメリカの平均的なプラスチック消費量をオフセットできるプランとなっている。

ブランドとして透明性も追求

プラスチックごみの様子

Photo by Nick Fewings on Unsplash

「Plastic Neutral」は月額制となっていて、1月当たりに支払うのは8ドル(約820円)。

これはアメリカの平均的なプラスチック消費量が22ポンド(約9.9キロ)であることを参考にした価格設定。なんでも1ドルあたり4.4ポンド(約1.9キロ)相当のプラスチックをオフセットできるようだ。

計算が早い人なら、もう気づいているかもしれない。平均消費量をオフセットするのに必要なのは5ドル。残りの3ドルについては「管理費と取引コストに使用する」と言及。

こうしてトランスペアレンシー(透明性)を追求しているのも「by Humankind」がブランドとして優れている点だろう。

消費者から集めた資金は、ハイチやインドネシア、フィリピンをはじめとした国々でビーチクリーンを手がける「Plastic Bank」の活動資金になるという。

カーボンオフセットは根本的な解決にはならないという声もあるが、やらないよりはやった方がいい。こうした個人レベルで環境保護ができるようになるサービスは、ますます増えていくだろう。

参照サイト/Plastic Neutral
https://byhumankind.com/pages/plastic-offsets
※掲載している情報は、2020年12月25日時点のものです。

Read More

  • 排出量を“埋め合わせる”カーボンオフセットの仕組み 温室効果ガス削減に向けた助け合いの取り組みとは

  • カーボンオフセットが身近に 自然保護活動を支援するベルリン発のアプリ「Klima」

  • 旅行で排出されるCO2を実質ゼロに ホテル予約サイト「Goodwings」の試み

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 次のパンデミックを防ぐために WWFジャパンの「ワンヘルス共同宣言」キャンペーン

  • 米で躍進中の新興フードデリバリーと「日本の出前」に共通点 Uberを超える人気の裏に“環境配慮”の姿勢

  • ヴィーガンに人気の国・都市ランキング2020発表 ロンドン、ベルリンを抑えて1位になった街は?

  • バーチャルモデルimma氏がカンボジアで実感した「女性の問題」

  • Vol.6 自作コンポストなら材料選びから 愛情芽生える土の育成の一部始終

  • 受講料がベネズエラ人の暮らしを救う「命のスペイン語レッスン」

  • 食べ残しは罰金、大食い番組も禁止 中国政府が発表した厳格な政策の真意とは?