SOCIETY

死亡事故を減らす革新的な電動トラック「Volta Zero」誕生 車体に隠された“ある仕掛け”とは?

スウェーデンに拠点をおくスタートアップ「Volta Trucks」が電動の16トントラック「Volta Zero」を発表。2021年第1期で実証実験をおこない、2022年に本格生産のフェーズに入るとのこと。

2020.10.28

サステナブルな大型EVトラックが誕生

「ロンドンでは、歩行者が死亡してしまった事故の23%に、自転車の場合は58%に、 重量積載物車両が関係しています。道路を走っている4%しか占めていないにもかかわらず、です。これは絶対に変えなければいけません」

そう語るのは、スウェーデンに拠点をおくスタートアップ「Volta Trucks」の創設者Carl-Magnus Nordenさん。

彼らは大型トラックのイメージを変えるために、電動16トントラック「Volta Zero」を製造することを発表した。
Volta Zeroの車体

改めて「Volta Zero」の狙いを説明すると、大型トラックのイメージを変えること。

「安全性」と「サステナビリティ」、「電動化」の3つを軸にそれを実現しているという。ここではサステナビリティにフォーカスして紹介したい。

「Volta Trucks」の2つの革新性

「Volta Zero」のボディには、生分解できるレジンや自然由来のフラックス素材が使われているとのこと。これまでの大型トラックが……いや、自動車が採用してこなかっただけに注目が集まるだろう。もちろん、しっかりと耐久性にも考慮。その製造過程で発生する二酸化炭素は限りなく低く、75%の削減を達成。

自然由来のフラックス素材を採用するメリットは大きく分けて、2つあるとのこと。

まずは焼却処理ができる点。通常の自動車に使われる素材だと埋立地で処理されるのに対し、サーマルリサイクル*が可能なのだ。つまり、その過程で発生した熱は周辺施設の暖房などに使われることになる。

*廃棄物処理で発生した熱を、エネルギーとして回収・利用すること。

2つ目は安全性にも関わってくるのだが、事故が起きた場合に鋭利な破片になる可能性が低いそう。サステナビリティを実現しながら高い安全性にもつながる──。一石二鳥の働きだ。

Carl-Magnus Nordenさんはサステナビリティについて、こう語っている。

「サステナビリティは私たちのビジネスのコアです。地球を救うことを先延ばしにすることはできません。いますぐに行動を起こす必要があるのです。そして、『Volta Trucks』は急激な変化を大型トラックにもたらすことで、時代遅れになったガソリン車ではなく綺麗で安全な技術を広めていきます」

「Volta Zero」は2021年第1期で実証実験をおこない、2022年に本格生産のフェーズに入るとのこと。大型トラックでさえも電動になる未来はすぐそこまできていて、モビリティ業界に大きな変化が起きるだろう。

素直に見てみたいと思える時点で、たしかに大型トラックのイメージは覆されている気がする。
※掲載している情報は、2020年10月28日時点のものです。

Shopping

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 建築時の廃材はほぼゼロ スターバックスがサステナブル店舗の建設を発表

  • 海洋ごみを回収し分解 巨大なフローティングステーションが海を救う

  • 目指すはカーボンニュートラル インドの産業都市に環境にやさしい空港が建設される

  • ジャンクフード広告が野菜の画像に 無意識のうちに食生活を変えてしまうChrome拡張機能

  • 2021年の「消費」はどう変わる? 時代を読み解く5つのサステナブルなキーワード

  • プールが開放感のあるオフィスに変身 上海のデザイン会社が手掛けたリノベーションプロジェクト

  • 社会貢献のアクションをコインで可視化する参加型アプリ「actcoin」