「Doleフルーツスマイルパーク/スタンド」開催 バナナやアボカドのフルーツ廃棄削減を目指す

Photo by ドールロゴ

株式会社ドールは「フルーツでスマイルを。」という新ブランドメッセージを策定し、約400本の規格外バナナを使ってブランドメッセージに込めた想いを表現したブランドムービーを制作。7月26日からは取り組みを紹介するフルーツ体験イベントも開催する。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.07.26
SOCIETY
学び

イベントや商品の魅力を広げる エシカルインフルエンサーマーケティング

フルーツ体験イベント「Doleフルーツスマイルパーク」「Doleフルーツスマイルスタンド」期間限定開催

ドールプロジェクトロゴ

株式会社ドールは、フルーツで人々のさまざまな暮らしを笑顔にしていきたいという思いを込め、日本オリジナルとなる「フルーツでスマイルを。」という新ブランドメッセージを策定した。

その新ブランドメッセージの想いを込めたブランドムービーとエシカルな活動の一環として制作にあたった様子を収めたメイキングムービーを公開。
さらにエシカル消費を推進し、食品ロス削減を目指す「もったいないバナナ」プロジェクトの傘下で、追熟加工をしない未熟状態の緑色のバナナ、「Doleグリーンバナナ」を、今夏より都内小売店を中心に配荷を開始する予定だ。

また、ドールの取り組みとともに、フルーツの魅力をさまざまな体験で知ることができるフルーツ体験イベント「Doleフルーツスマイルパーク」「Doleフルーツスマイルスタンド」を東京青山のITOCHU SDGs STUDIOにて、7月26日(水)から8月30日(水)の期間限定で開催する。

新ブランドメッセージ「フルーツでスマイルを。」に込めた思い

新ブランドメッセージ

栄養のある健康的な食物は日光のように誰にでも平等に与えられるべきという思いでつくられたDoleのスローガン、「Sunshine For All」。

そのスローガンを基軸に、明るい世界の実現のために、ドールが守る約束として策定した6つの約束「The Dole Promise」のもと、3つの軸でさまざまな施策を行ってきた。

1:おいしさ

栄養や味をそこなわないよう大切に育てたフルーツを、商品ごとに適切な温度を保つ「低温物流システム」を中心に、産地から店頭へ新鮮なままお届け。

また「極撰」ブランドをはじめとする、高糖度バナナの開発など、高品質でおいしい果物を追求している。

2:健康/美容効果

腸活に有効なバナナのレジスタントスターチや肌の保湿へ効果があるパインのグルコシルセラミドなど、健康や美容の観点でフルーツがもたらす効果を啓蒙。

3:エシカル消費

バナナやアボカドなどのフルーツ廃棄削減を目指す「もったいないフルーツ」プロジェクトや「バナナエシカルバリューチェーン」など、ビジネスや自然環境を支えることにもつながる、フルーツの力を最大限活用した取り組みを多方面に渡り実施している。

この新ブランドメッセージには、そんなさまざまなアクションを通じて、これまでも、これからもDoleのフルーツの力で人々の暮らしを笑顔にし、支えていきたいという想いが込められている。

約400本の規格外バナナを活用したブランドムービーを公開

「フルーツでスマイルを。」

新ブランドメッセージに込められた想いを多くの方へ伝えるため、ドールの主力商品であるバナナのシュガースポットを活用したブランドムービーが制作された。

バナナの表面をキャンバスにし、子どもから大人までさまざまな生活シーンにドールのフルーツが寄り添う様子を表現。

最後には、海外の生産者の人々の姿も描き、消費者から生産者までをフルーツの力で暮らしを支えていることを表している。

今回のブランドムービーの制作にあたり、約400本の規格外バナナ(まだおいしく食べることができるにもかかわらず、流通過程におけるさまざまな要因により捨てざるを得ない廃棄バナナ)を使用。

メイキングムービー

そんなバナナたちをどのように活用して映像をつくり上げたかの制作風景を紹介している。撮影で使用されたバナナは、バナナジュースとしてその場で撮影スタッフが飲んだり、「もったいないバナナジュース」として都内のジューススタンド店舗で販売された。

追熟加工をしない未熟状態の緑色のバナナ「Doleグリーンバナナ」

Doleグリーンバナナ

「Doleグリーンバナナ」は、熟成加工しない未熟状態のバナナで、電子レンジで2-3分温めると簡単に皮を剥くことができ、野菜料理やスイーツなどに利用ができる。
ジャガイモや栗に似た食感でおいしく、簡単に野菜のように料理に使える“新食感食材”だ。バナナ産地で外傷などにより廃棄される規格外バナナを推進。特設サイトでは、「Doleグリーンバナナ」の予約販売も開始している。(発送予定:8月末~9月頃)

食べて遊んで学べるフルーツ体験イベント「Doleフルーツスマイルパーク」「Doleフルーツスマイルスタンド」開催

7月26日から8月30日の期間限定で、誰でも自由に入場可能な体験型展示「Doleフルーツスマイルパーク」と、食体験スペース「Doleフルーツスマイルスタンド」を、ITOCHU SDGs STUDIOにて開催。

「フルーツでスマイルを。」をテーマとした展示を見たり、体験したり「もったいないバナナ」等を活用した飲食メニューを実際に味わってもらうことで、おいしいだけではない、暮らしにスマイルをもたらす、フルーツの力を感じてもらえるイベントとなっている。

「Doleフルーツスマイルパーク」

■買い物でスマイル:ちょうどいい数のバナナを買ってみよう

食べきれずに捨てられてしまうバナナがあることや、包装が化石資源由来であることを学び、家庭での食品ロスや資源の問題を解決するために始まっている「バナナの量り売り」を体験できる。

■スポーツでスマイル :バナナパターゴルフを体験してみよう

バナナをはじめとするフルーツは、アスリートのパワーの源。Doleはフルーツの提供を通じて、 たくさんのアスリートの活動を応援している。

バナナパターでボールを転がしてカップインを目指すバナナパターゴルフを体験。バナナパワーで大活躍中のプロゴルファー岩井姉妹からのアドバイスもチェックできる。

■おしゃれでスマイル :パイナップルでできた服を着てみよう

パイナップルでできた服

パイナップルの葉が、洋服や小物に変身。Dole はパイナップルを生産する際に大量に余るパイナップルの葉っぱを環境にやさしいヴィーガンレザー「ピニャテックス」に活用している

多くのファッションブランドに提供されるだけでなく、現地のパイナップル農家の副収入となって彼らの暮らしを支えている。そんなピニャテックスの独特な肌触りを楽しみながら、試着をすることができる。

■フルーツ フォトスポット: 「スマイルバナナポーズ」で写真を撮ろう

フルーツ フォトスポット

Doleの新しいブランドメッセージ「フルーツでスマイルを 。」から生まれたバナナで笑顔のポーズで写真を撮影するフォトスポット。

「#スマイルバナナポーズ」や「#SmileBananaPose」など、SNSでのハッシュタグを設定している。

■産地でスマイル:空から降ってくるバナナをキャッチしよう

バナナキャッチゲーム

バナナのキャラクター「スウィーティオ」とパイナップルのキャラクター「パイニー」に変身して、空から降ってくるバナナをキャッチ。

スクリーンの前に立つと、スウィーティオかパイニーに変身。左右に動いて空から降ってくるバナナをキャッチしてポイントをゲットし、高得点を目指すゲーム。

「Doleフルーツスマイルスタンド」

まだまだおいしく食べられるのに、規格外であることを理由に廃棄されるフルーツがある。「Doleフルーツスマイルスタンド」では、そんなフルーツたちがさまざまなフードに変身させる。

夏にぴったりのアイスやジュース、スムージー。おいしく味わうだけでフードロス問題解決にも貢献できるエシカルなメニューが揃う。

■ナイスクリーム

「もったいないバナナ」「もったいない アボカド」を活用し、乳製品・卵・砂糖不使用のヴィーガンアイスクリームを、広尾・神戸の人気アイスクリーム店「 Harlow ICE CREAM 」とコラボ開発。

■アボカドクラッシュバナナミルクスムージー

アボカドクラッシュバナナミルクスムージー

アボカドクラッシュバナナミルクスムージー

「もったいないバナナ」×「もったいないアボカド」を使用したスムージー。

■もったいないバナナジュース

もったいないバナナジュース

もったいないバナナジュース

「もったいないバナナ」を使用した夏にぴったりのジュース。

開催概要

期間:7/26(水)~8/30(水)
休館日:毎週月曜日
営業時間:11:00~18:00
料金:入館料無料
場所:
・「Doleフルーツスマイルパーク」ITOCHU SDGs STUDIO GALLERY
・「Doleフルーツスマイルスタンド」ITOCHU SDGs STUDIO 星のキッチン Hanare
(東京都港区北青山2-3-4 Itochu Garden B1F)

同会場イベント「アートな青果展」

「アートな青果展」キービジュアル

ITOCHU SDGs STUDIO では、7月 21 日(金)より規格外な野菜たちを、彫刻・絵画・写真・音楽・物語・言葉の切り口でアート作品化した「アートな青果展」を開催している。

「アートな青果展」は「規格外野菜は、本当にこんなにも価格が低いのか」という問いに注目し、規格外であることを「価値が劣る」と捉えずに、「価値ある個性」と捉えることがフードロス解決の一助になると考え、野菜そのものの価値を現代の価値観で見つめ直すきっかけを提供している。

お問い合わせ先/株式会社ドール
https://dolesunshine.com

※掲載している情報は、2023年7月26日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends