北米初 カナダ・ケベック州で「水素列車」が運行開始

カナダのケベック州を運航する水素列車

Photo by ALSTOM SA 2023

ゼロエミッションの水素列車が、2023年6月より、カナダのケベック州で運行を開始する。運行するのは、フランスの鉄道車両製造大手のアルストム社。これまでドイツなどで水素列車の運行を開始してきたが、今回は北米での初の運行となる。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.06.14
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球を想い、人を想う洗剤「ハッピーエレファント」のランドリーアイテム

Promotion

二酸化炭素を排出しない ゼロエミッションの列車

水素で走る列車

Photo by ALSTOM SA 2021. Tommy Hvitfeldt | Coradia iLint™

フランスの鉄道車両製造大手のアルストム社は、2023年夏、カナダで水素列車「コラディア・アイリント(Coradia iLint)」の運行を開始することを発表した。

水素列車が走るのは、カナダのケベック州にあるシュート・モンモランシー公園やべー・サン・ポールなどを結ぶ、約90分のルート。ユネスコの生物圏保護区にあたるエリアだ。

水素で走る列車ALSTOMの車内

Photo by ALSTOM

スウェーデンを運行する水素列車の車内の様子。

アルストムは2018年以降、水素を燃料とする列車を開発。ドイツを皮切りに、ヨーロッパ8カ国で運行を行っている。列車は水素燃料電池を搭載しており、水素と酸素が結合することで動力を得ている。運転中に排出されるのは水蒸気のみで、二酸化炭素を排出しない。さらに騒音もなく静かで、最高速度は時速140kmに達し、無給油で1,175km走行した記録がある。

世界初「水素燃料で動く列車」 ドイツで乗客を乗せて運行開始

関連記事

アルストムは2023年初め、カナダのケベック州政府の協力のもと、カナダでの試験運転を実施。2023年6月17日からの運行開始を先日、発表した。北米で初の水素列車の運行となる。

ヨーロッパ8か国で運行する水素列車

水素で走る列車ALSTOMの水素燃料電池

Photo by ALSTOM

水素燃料電池。タンク1つで600マイル(約965㎞)以上走行可能だという。

ヨーロッパではとくに、電気自動車がガソリン車に代わる持続可能な選択肢として一般的になっている。また、昨今のエネルギー危機を受けて、自動車ではなく公共交通機関の利用を推進する国・地域も多い。そのような背景から、ゼロエミッションの水素列車はますます世界各国に拡大していくと期待される。

ちなみに、ケベック州では、水素列車に乗車して地元の持続可能な醸造所をまわるエコツアーも企画されているそうだ。

ヨーロッパ3か国を結ぶ夜行列車が5月開通 「列車の旅」が再び人気に

関連記事
※掲載している情報は、2023年6月14日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends