「ヴィーガン・ウーマン・サミット」NYで盛況で終了 女性のキャリア支援も目的

ヴィーガンの料理

Photo by Ella Olsson on Unsplash

アメリカ・ニューヨークで「ヴィーガン・ウーマン・サミット」が開催され、盛況で幕を閉じた。ヴィーガンをテーマに、女性のキャリア支援を行うことを目的に始められたイベントで、チケットが完売するほど人気を博した。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.05.29
FASHION
編集部オリジナル

一足一足が熱帯雨林の再生につながる 時代を超えて愛されるスニーカー「カリウマ」

Promotion

フードシステムの構築と女性のキャリア支援

5月18日から3日間にわたり、ニューヨークで行われた「ヴィーガン・ウーマン・サミット(VWS)2023」。ヴィーガンをテーマに、世界のトップ企業のCEOをはじめ、アスリート、投資家、活動家、ジャーナリストなどが集まり、カンファレンスなどが行われるイベントだ。

2023年のイベントには、100名を超える著名人たちが講演会や討論会に登壇。イベントのチケットは完売となる盛況ぶりだった。

「ヴィーガン・ウーマン・サミット」を創設したジェニファー・ストイコビッチは、サンフランシスコのテック業界で活躍したのち、2020年に同団体を創設した。彼女が感じていたのは、フードテック業界で男女の間にある不平等。またフードシステムの構築も喫緊の問題であると感じていた。

そこで、女性にインスピレーションや勇気を与え、キャリアと業界に影響をもたらすべく、「ヴィーガン・ウーマン・サミット」を立ち上げた。

2023年は「VWS 2023 スカラシップ」を実施し、スタートアップの幹部や学生などの応募者のなかから優秀者を選出し、同イベントへ招待している。

またマーケットプレイスには、ヴィーガンをテーマにしたフード、コスメ、ファッションなどのブランドが並び、会場のにぎわいを盛り上げた。ヴィーガン寿司、ヴィーガンオイスター、ヴィーガンブルーチーズなどが振舞われ、最新のヴィーガンメニューが並んだ。

女性が直面するキャリアや給与面での不平等と、ますます注目を集めているヴィーガン。これらをかけあわせて、より女性が持続的に活躍できる場を支援しようと試みられている。「ヴィーガン・ウーマン・サミット」はアメリカで始まったイベントだが、今後もこのような取り組みが世界各地で増えていきそうだ。

※掲載している情報は、2023年5月29日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends