食べ残しを持ち帰って食品ロス削減「mottECO」デニーズ全店に実施拡大

mottECOのキービジュアル

食品ロス削減の取り組みとして東京都内のデニーズで実施している「mottECO(モッテコ)事業」が12月6日(火)よりデニーズ全店に拡大している。今年度は業種の垣根を超えて4社合同の取り組みに拡大していく予定だ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.12.12
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

食品ロス削減「mottECO(モッテコ)事業」 4社合同の取り組みへ拡大

mottECOのボックス

株式会社セブン&アイ・フードシステムズは、食品ロス削減の取り組みとして東京都内のデニーズで実施している「mottECO(モッテコ)事業」を、12月6日(火)よりデニーズ全店に拡大している。

「mottECO」は、お店でどうしても食べきれなかった料理を、持ち帰ることのできる食品ロス削減の取り組みだ。デニーズでは2021年5月より、環境省と連携して34店舗でmottECO事業をスタートし、実証実験のなかで都内100店舗まで実施を拡大してきた。

今回の全店拡大に伴い、実証実験の次のステップとして、これまで無償としていた専用容器を、30円(税込)で提供する運営に変更。専用容器には環境配慮素材である「FSC®認証紙」を使用しており、有料化することで、同事業の持続性を担保するとともに、チェーン店に限らない実施者の参入を容易にし、mottECOの普及促進につなげたいとしている。

デニーズは、セブン&アイグループの「GREEN CHARENNGE2050」に則り、2050年までに食品ロスを75%削減する目標(2013年度比)を掲げている。

店舗から排出される食品廃棄物は、調理工程の見直しや自動発注の導入など、さまざまな施策により取り組みをおこなうことで、お客様提供の前段階においては、直近5年間で20%以上(重量ベース)削減することができた。

しかし、テーブルでの食べ残しについては、同社に限らずレストラン事業者にとってまだまだ大きな共通課題となっている。この解決を図るため、お客様とともに、さらには企業や業種の垣根を越えて、今年度、mottECO事業をロイヤルホールディングス株式会社、SRSホールディングス株式会社、日本ホテル株式会社と4社合同の取り組みに拡大していくとしている。

お問い合わせ先/株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
https://www.7andi-fs.co.jp/7fs/index.html

※掲載している情報は、2022年12月12日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends