サステナブルに取り組むデザイン家電「Re・De」 永く愛用しやすい新色「ヒュッゲグレイ」販売

テーブルに置かれたRe・Deシリーズ

Photo by Re・De

「Re・De(リデ)」は持続可能な商品づくりを目指し、パッケージを紙製にするなどサステナブルな取り組みを行っている。また今回「Re・De Pot」と「Re・De Kettle」において、永く愛用しやすい色として限定色「HYGGE GRAY」が数量限定で販売開始された。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.08.22
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

エシカルパッケージ対応やフードロス削減レシピ公開など「Re・De」のサステナブルアクション

テーブルに上に置かれたRe・De Pot

Photo by Re・De

デザイン家具を通じて、豊かなライフスタイルを提案する家電メーカー株式会社A -Stageが展開するブランド「Re・De(リデ)」は持続可能な商品づくりを目指し、サステナブルな取り組みを行っている。

紙製品のエシカルパッケージ

Photo by Re・De

電気圧力鍋「Re・De Pot(リデ ポット)」と、温度調節電気ケトル「Re・De Kettle(リデ ケトル)」のパッケージは、無駄を省いたシンプルなデザインのエシカルパッケージ。箱のなかの緩衝材も、プラスチックから紙製品へと変更することで、環境負担の軽減に貢献している。

パーツを取り外す様子

Photo by Re・De

また、製品をできるだけ永く愛用してもらうために、消耗のはやい内蓋やパッキンなどのアクセサリーを、個別に買い替えることができるよう、公式オンラインショップでアクセサリーの販売も行っている。

フードロス削減レシピ

Photo by Re・De

「Re・De」特設サイトでは、「Re・De Pot」を活用したオリジナルのフードロス削減レシピを公開。「くらしを上質にする家庭のフードロス削減レシピ」をテーマに、いままで捨ててしまっていた野菜の切れ端や皮、余ってしまったご飯等を活用したレシピで、おいしい上に身体にもいい、栄養たっぷりな料理をつくることを提案している。

例えば、野菜の皮やヘタ、タネを活用した「フィトケミカルなベジブロス」や、残りご飯を使った「お腹にやさしいごはんのあまさけ」などが紹介されており、家庭でのメニューに取り入れやすい。

ライフスタイルの変化にも合わせやすいサードカラー「ヒュッゲグレイ」

ヒュッゲカラーの使用イメージ

Photo by Re・De

7月29日には、限定色「HYGGE GRAY(ヒュッゲグレー)」を数量限定で販売開始。「白と黒に飽きてしまった方へのサードカラー」をコンセプトに、ホワイトで統一した洗練された空間にも、ブラックを基調としたシックな空間にも馴染みやすい色を採用。空間の好みの変化があったとしても永く愛用できるカラーとして提案している。

Re・De

Re・De Pot - HYGGE GRAY

14,800円

※2022.08.22現在の価格です。

Re・De

Re・De Kettle - HYGGE GRAY

9,900円

※2022.08.22現在の価格です。

お問合せ先/株式会社 A-Stage
https://a-stage-inc.jp/

※掲載している情報は、2022年8月22日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends