シンガポールのホテル業界が「ネットゼロ計画」を始動 政府が支援

「ホテル・サステナビリティー・ロードマップ」を発表したシンガポールのホテル業界

Photo by Mike Enerio on Unsplash

シンガポールのホテル業界が、2050年までにネットゼロを目指すロードマップを発表。同国の経済を支える観光業が、政府主導のもと、サステナブルな方向に舵を切ることとなった。ホテル業界として温室効果ガス排出量削減のロードマップを発表するのは、世界初とみられる。

岡島真琴|Makoto Okajima

ライター

ドイツ在住。自分にも環境にも優しい暮らしを実践する友人たちの影響で、サステナブルとは何かを考え始める。ライター・編集者として活動しつつ、リトルプレスSEA SONS PRESSを運営。

2022.04.11

2050年までの実質ゼロが目標

2050年までにネットゼロを目指すシンガポールのホテル業界

Photo by Dhoomil Sheta on Unsplash

シンガポール政府観光局とシンガポールホテル協会は3月、「ホテル・サステナビリティ・ロードマップ」を発表した。ホテル業界でこのようなロードマップを発表するのは、世界で初めてとみられる。

その内容によると、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「ネットゼロ」を目標に掲げている。2023年までに各ホテルの二酸化炭素排出量の追跡調査を行い、2030年までに排出量の削減を開始する予定だ。さらに、2025年までに全客室数の60%で、国際的なサステナビリティ認証を取得する。

注目されるネットゼロとは 言葉の意味から宣言・取組内容までを解説

関連記事

ネットゼロへ向けた4つの戦略

ホテル運営をグリーン化するための4つの重点分野として、ロードマップでは「水資源の保護」、「廃棄物の管理、リサイクル、循環型経済」、「持続可能な仕入れと購買」、「省エネルギー」が挙げられている。

例えば、農園での食卓体験をはじめ、屋上でのハーブの栽培、環境にやさしい寝具の採用などが考えられる。またアメニティに環境負荷の少ないものを採用するほか、ペットボトルでの飲料水提供中止、ハウスキーピングサービスの希望者のみへの提供など、宿泊客にもサステナブルな習慣を促すことができるという。

ほかにも太陽光パネルやスマートエネルギーメーターの導入、地産地消による持続可能な調達、人工知能(AI)を活用した食品廃棄物の管理など、ネットゼロを実現するための具体的なアイデアが数多く挙げられている。

ホテルとサステナブル企業との連携も支援

2050年までにネットゼロを目指すシンガポールのホテル業界

Photo by Joshua Delica on Unsplash

さらに各ホテルはこれらの取り組みのために、シンガポール政府観光局に助成金を申請できる。またシンガポール企業庁のプログラムを通じて、持続可能なソリューションを提供する企業と提携が可能だ。

シンガポール政府観光局とシンガポールホテル協会は、このロードマップが持続可能なホテルビジネスの競争力と成長を促進すると期待。やがてホテル業界がサステナブル分野における地域のリーダーとして認識されていくことを願っている。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックによって、旅行や観光そのもののあり方が変化したいま、改めて「環境に配慮した旅」が注目を集めている。シンガポールの国を上げたこの取り組みは、日本をはじめ多くの国・地域でも参考となるだろう。

※掲載している情報は、2022年4月11日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends