自分好みにホームメイド 「Earth MILK」がヘルシーでサステナブルな理由

自分好みの甘さにアレンジできるパウダータイプのオーツミルク

Photo by Earth MILK

植物性ミルクの新しい選択肢として注目が集まるオーツミルク。「Earth MILK(アースミルク)」 が提案するのは、酵素の働きにより自分好みの甘さにアレンジできる、オーツミルクをホームメイドで楽しむ暮らし。5月末まで初回お試しセットも販売中だ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.03.31
Promotion: 株式会社Relic

畜産の環境負荷を軽減する植物性ミルク「オーツミルク」

自分好みの甘さにアレンジできるパウダータイプのオーツミルク

Photo by Earth MILK

牛乳に代わる植物性ミルクの選択肢の一つとして、豆乳、アーモンドミルクとともにオーツミルクが注目を集めている。グローバルに展開する大手コーヒーショップでも、カフェラテなどを注文する際にオーツミルクを選べる店が増えた。

オーツミルクの原料はオーツ麦。加熱乾燥したオーツ麦を細かく粉砕し、水に混ぜたもので、食物繊維やカルシウム、ビタミンが豊富。ほんのりとした甘みと牛乳に近いコクが、植物性ミルクビギナーにとっても飲みやすいミルクだ。

また、二酸化炭素やメタンガスの排出、大量の水の使用など、生産過程で環境負荷の高い牛乳の使用量を削減できること、さらにアニマルウェルフェアの観点からも、植物性ミルクの市場は海外のみならず日本でも成長を続けている。動物性ミルクに比べて環境負荷の少ないミルクを暮らしに取り入れたい、とする消費者が増えていることが背景にあるだろう。

自分好みの手づくりオーツミルク 「Earth MILK」でおうちカフェ

Earth Milkをつくる様子

そんな植物性ミルクの暮らしへの取り入れ方の新定番は、「自分好みのホームメイド」スタイルになるかもしれない。「Earth MILK(アースミルク)」は、専用のマグケトルとオーツミルクベースがセットになった、手づくりオーツミルクキットを提供している。

水250mlを専用ケトルに入れ、ボタンを押すと60℃のお湯ができる。そこにオーツミルクベースを30g入れ、よくかき混ぜて30分待てばでき上がり。約60度をキープする専用ケトル内で独自の酵素が働き、オーツの持つ甘みが引き出される点が最大の特徴だ。20分から60分の間で時間を調整すれば、自分好みの甘さにカスタマイズできる。

「Earth MILK」がこだわったのは、生産プロセスの透明性。実は市販の植物性ミルクは、添加物や香料で味付けをされていることが多い。「Earth MILK」は、材料にオーツ麦を丸ごと加熱・粉砕した粉と酵素のみを使用。毎日安心して飲むことができるよう、シンプルな原材料のみにこだわってつくり上げられた。さらに、市販の乳製品は約9割が水分だが、粉末にした商品をお届けすることで、輸送による環境への負荷を軽減することにもつながっている。

なお、でき上がりまでに30分も待てない、という忙しい人向けに、材料はオーツ麦と酵素のみだが、60℃のお湯に混ぜるだけですぐに完成する「OAT MILK BASE あまさひかえめ すぐできる」タイプも用意している。

ELEMINIST読者限定 「Earth MILK」 初回お試しセットで新習慣をスタート

オーツミルクを飲む女性

「Earth MILK」のオンラインストアでは5月末まで、キャンペーン価格で購入できる初回お試しセットを販売中。セット内容は、OAT MILK BASE1袋、OAT MILK BASE<あまさひかえめ すぐできる>1袋、マグケトル1台。さらに、550円引きクーポンも発行中だ。

抹茶やコーヒー、ココアなどと混ぜてアレンジしてもいいし、パスタソースやポタージュ、リゾットなどの料理にも使うのもいい。春からの新生活、地球思いのホームメイドアイテムで、オーツミルク習慣を始めてみては?

初回お試しセット詳細

初回お試しセット

セット内容:
①OAT MILK BASE 1袋(オーツミルク2L相当)
②OAT MILK BASE あまさひかえめ すぐできる 1袋(オーツミルク2L相当)
③Earth MILK マグケトル 1台(通常5,500円を無料でプレゼント)
価格:2,360円(通常価格7,860円)+送料(550円)
クーポン:クーポンコード「eleminist」を入力。初回お試しセットが550円(税込)引きとなります。

お問い合わせ先/Earth MILK
https://www.earth-milk.net/

※掲載している情報は、2022年3月31日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends