ファッションの祭典「メットガラ」、2021年は完全ヴィーガン料理を提供

「メットガラ」2021年でヴィーガン料理を提供

Photo by Maddi Bazzocco on Unsplash

数多くのセレブリティが集まる、世界的ファッションの祭典「メットガラ」。2021年9月のイベントでは、選ばれた10人のシェフが完全菜食の料理を提供する。イベントを主催するVogueは、メニュー制作に関わるシェフたちによるヴィーガンレシピをInstagramで紹介している。

染谷優衣

フリーランスライター

YouTubeのThrift Filp動画をきっかけにサステナブルに興味を持つ。最近は洋服のリメイクを勉強中。リサイクルショップで掘り出し物の古着を見つけるのが好き。

2021.08.17

新しい食のスタイルを試すきっかけに

お皿に盛られたサラダ

Photo by Jonathan Ybema on Unsplash

ファッション業界でもっとも権威のあるチャリティーイベントの一つで、数々のセレブリティが集合する「メットガラ(Met Gala)」。2021年は9月13日にニューヨーク・メトロポリタン美術館で開催される。

このイベントで提供される料理に、2021年は完全菜食のメニューが用意されることとなった。ニューヨーク市ハーレム地区でレストラン「レッドルースター」を経営する、エチオピア出身の有名シェフ、マーカス・サミュエルソン氏と、ブランドアドバイザーの料理誌「ボナペティ(Bon Appétit)」が、10人のシェフを選出。このシェフたちが、総力を挙げて取り組む。

「メットガラ」は、デザイナー、モデル、ハリウッドスターが創造性とファッションを称える年に一度の祭典で、ファッション誌Vogueが主催している。アメリカ版Vogue編集長のアナ・ウィンターは、ゲストにふさわしいビーガンメニューを考案するよう、サミュエルソンと彼のチームに依頼した。

サミュエルソンは植物由来の食がもたらす未来を考え、その上で「現在の状況や、アメリカでの食の変化について語ることが重要だと考えました」と語っている。さらにシェフたちは、VogueのInstagramアカウントでおいしいヴィーガンレシピを紹介し、ユーザーが植物由来食品を試すきっかけとなることを目指している。

「メットガラ」の発表を受けて、動物保護団体である「PETA」は次のようにコメントした。

「動物へのやさしさは、(アメリカを象徴するスイーツである)アップルパイのようなもの。だから今回のビーガンメニューの提供は、メットガラの2021年のテーマである 『イン・アメリカ』にぴったりで、他のファッションイベントのトレンドになるに違いありません」

PETAは新しい「メットガラ」を歓迎し、「参加者が毛皮やレザー、カシミア、ウール、羽毛などを使わない、地球と動物に負担の少ないファッションを楽しむことを願っています」と締めている。

世界的イベントでヴィーガンが新たな常識となるか

今回の「メットガラ」での料理の方針は、ファッションや映画などの業界全体でおきている変化を受けたものだ。

2020年1月に開催されたゴールデングローブ賞では、提供された料理から動物性食品を排除。ヴィーガンメニューが提供される、初めての試みが行われた。

ゴールデングローブ賞を選考するロレンツォ・ソリアは、気候危機の問題について何か警鐘を鳴らすためにできることはないかと考えた結果、提供する料理にヴィーガンメニューを採用したという。

その後ゴールデングローブ賞に続き、全米映画俳優組合賞(SAGアワード)、放送映画批評家協会賞、アカデミー賞でも動物性食品を完全に排除、もしくは植物性食品の選択肢を大幅に増やした。

影響力のある世界的イベントでのヴィーガンへのシフトは、さまざまな業界に広がっていくことだろう。

参照
The 2021 Met Gala Is Going Plant-Based—Here’s Why | bon appétit
https://www.bonappetit.com/story/met-gala-chefs-2021
Meet the Chefs Cooking at This Year’s Met Gala | Vogue
https://www.vogue.com/article/meet-the-chefs-cooking-at-the-met-gala-2021
PETA Statement on All-Vegan Met Gala Menu | PETA
https://www.peta.org/media/news-releases/peta-statement-on-all-vegan-met-gala-menu/

※掲載している情報は、2021年8月17日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends