SOCIETY
IoAで注目されるドローン

能力のインターネットを指す「IoA(インターネット・オブ・アビリティズ)」とは? IoTとの違いも解説

IoA(インターネット・オブ・アビリティズ)とは、人間がインターネットにつながり、人の能力(アビリティ)が強化されることを意味する。日本語に訳すと「能力のインターネット」となる。IoAはサステナビリティの分野でも注目されている。IoAの概要やIoTとの違い、将来の展望を紹介する。

2020.11.26

IoA(インターネット・オブ・アビリティズ)とは?

パソコンのキーボードを打つ人

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

「IoA(Internet of Abilities、インターネット・オブ・アビリティズ)」とは、人間がインターネットにつながり、人の能力(アビリティ)が強化されることを意味する。日本語に訳すと「能力のインターネット」となる。

インターネットを活用することで、人間どうしの能力を結びつけたり、人間の感覚とドローンなどの機械とをつなげたりすることが期待されている。

自分ではない人やもののなかに入って、違うことが仮想体験できるようになるが、これは「ジャックイン」と呼ばれている。

ちなみに、ジャックインという言葉は、ウィリアム・ギブスンのSF小説『ニューロマンサー』から採られている。

IoAは将来的に、人工知能(AI)を駆使して、IoAで人間の能力を大きく拡張させることも期待されている。AIやロボットの力を使い、人間の能力を拡張することは、「人間拡張」と呼ばれている。

IoAの具体例

ドローン

Photo by Iewek Gnos on Unsplash

IoAの具体例として、以下のものが挙げられる。

よりリアルなスポーツ鑑賞

スポーツ選手の背後にドローンを飛ばす。そのドローンにジャックインすることで、テニスのサーブやゴルフのスイングなどを間近で体験できる。

人間ができない感覚の体験

空を飛ぶドローンにジャックインすれば、空を飛ぶ感覚を体験できる。また、アスリートの体にジャックインすれば、自分が体験したことのない、より激しいスポーツ体験が可能になる。

IoTとの違い

卓上のスマートスピーカー

Photo by Andres Urena on Unsplash

IoAと近い言葉に、「IoT」がある。IoT(Internet of Things、もののインターネット)とは、さまざまな「もの」がインターネットに接続し、情報交換して相互に制御しあう仕組みである。家電やスマホ、時計、工場のコンベアなど、さまざまなものにセンサーを取り付け、そのセンサーが拾う情報をネットワークを介して集約し、整理・解析して役立てる。

IoTの活用事例としては、製造業における製造の効率化や熟練工の持つ技術の可視化、農業における農作物の状態監視などが挙げられる。

IoTとIoAの違い

IoTがものをインターネットにつなげる仕組みなのに対して、IoAは人の持つ能力をインターネットにつなげる仕組みである。人の能力をネットワークで結びつけ、AIなどを活用して能力を高めることが可能になるIoAは、IoTが一歩進んだ概念だと考えることもできる。

また、IoAやIoTと似た言葉に、以下のものがある。
※掲載している情報は、2020年11月26日時点のものです。

Read More

  • ネット上の誹謗中傷を助長する「キャンセルカルチャー」とは? 日本と海外の事例からみる問題点

  • AI技術を活用した「人間拡張」の技術とは 身体能力や知能を強化、空想の世界が現実に

  • フィルターバブルとは? インターネットの便利さに潜む危険性

Shopping

Latest Articles

ELEMINIST Recommends

  • 黄えんどう豆100%麺を抽選でプレゼント! 2021年からはじめるプラントベース入門レシピ

    Promotion
  • 建築時の廃材はほぼゼロ スターバックスがサステナブル店舗の建設を発表

  • 海洋ごみを回収し分解 巨大なフローティングステーションが海を救う

  • 目指すはカーボンニュートラル インドの産業都市に環境にやさしい空港が建設される

  • ジャンクフード広告が野菜の画像に 無意識のうちに食生活を変えてしまうChrome拡張機能

  • 2021年の「消費」はどう変わる? 時代を読み解く5つのサステナブルなキーワード

  • プールが開放感のあるオフィスに変身 上海のデザイン会社が手掛けたリノベーションプロジェクト

  • 社会貢献のアクションをコインで可視化する参加型アプリ「actcoin」