ウクライナで19,000頭のペットをサポート 動物保護慈善団体の取り組み

ウクライナで救出されたペット

Photo by Ukrainian Red Cross

ロシアによる侵攻を受けているウクライナでは、避難を余儀なくされている人々が多い。そのようななか、残された犬、猫などのペットを救出しようという活動が続けられている。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2024.04.10
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

侵攻開始から救出・支援活動を開始

ウクライナで救出されたペットと飼い主

Photo by Ukrainian Red Cross

動物保護慈善団体のヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルとウクライナ赤十字社は、ウクライナでの侵攻が始まると、2024年末までに10万頭のペットと4万人の飼い主を救助するという目標を立てた。

ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルの発表によると、ウクライナでの侵攻が始まって以来、ウクライナ全土の14の地域で救出活動を開始。これまでに19,000頭以上のペットと、4万人以上の飼い主に緊急救助物資を届けた。これまで届けたペットフードは205トン以上。猫砂48トン、トイレ3,530個、ペット用キャリーケース2,500個、ノミ・ダニ予防薬9,000個なども配布された。

ウクライナで救出されたペット

Photo by Ukrainian Red Cross

ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルのエグゼクティブ・ディレクターは、「ウクライナでの紛争が続くなか、人と動物は想像を絶する困難に耐えている」とし、人々がペットと一緒に居続けられるよう尽力していることを発表した。

1100万人が避難しているウクライナ

ウクライナでペットの救出活動を行うヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルと赤十字

Photo by Ukrainian Red Cross

ペットの医療サービス。

ウクライナではロシアによる侵攻が2年以上続き、1100万人以上が避難した。そのうち、500万人はウクライナ国内に避難しており、その多くはペットと一緒に避難することができずにいるとみられる。

そのようななか、ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルとウクライナ赤十字社では、ボランティアが個別にペットフードなどを配り、ペットの安全を確認してきたという。また、国内避難民は無料で獣医療を受けられるようにしている。

ウクライナの人々を支援「寄付・募金先一覧」 私たちにできることは

関連記事

多くの人々が日常を奪われたウクライナ。それは、人々と一緒に暮らしていた動物たちにとっても同じことがいえるだろう。人々と動物たちに、一日でもはやく平和な日が訪れることを願ってやまない。

※掲載している情報は、2024年4月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends