グローバルリスク報告書2024 今後10年の最大の危機は異常気象

太陽の光があたる山々

Photo by David Marcu on Unsplash

世界経済フォーラムは1月、「グローバルリスク報告書2024年版」を発表した。今後2年間、10年間に、地球が直面する最大の危機TOP10について明らかになり、なかでも最大の危機をもたらすのは「異常気象」である。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2024.02.26
SOCIETY
学び

イベントや商品の魅力を広げる エシカルインフルエンサーマーケティング

「グローバルリスク報告書」とは

「グローバルリスク報告書」とは、世界経済フォーラム(WEF)がダボス会議のタイミングにあわせて、毎年発表するもの。学術界、財界、政界、国際団体など、1400名を超えるリーダー(グローバルリスク・コンソーシアム)が、世界が直面する主要なリスクについて解説し、その課題の対策を講じるための方法を提示する。

今後増大するリスクTOP10は?

「グローバルリスク報告書2024」で発表されたのは、今後2年間と今後10年間で考えられるリスクだ。

今後2年間のグローバルリスク

1位誤報と偽情報
2位異常気象
3位社会の二極化
4位サイバー犯罪や
サイバーセキュリティ対策の低下
5位国家間武装紛争
6位不平等または経済的機会の欠如
7位インフレーション
8位非自発的移住
9位景気後退(不況、停滞)
10位汚染(大気、土壌、水)

今後2年間という短期的なグローバルリスクでは、1位に「誤報と偽情報」が挙げられた。「サイバー犯罪やサイバーセキュリティ対策の低下」など、台頭するAIに関連したリスクが高まっていると言える。

今後10年間のグローバルリスク

1位異常気象
2位地球システムの危機的変化(気候の転換点)
3位生物多様性の喪失と生態系の崩壊
4位天然資源不足
5位誤報と偽情報
6位AI技術がもたらす悪影響
7位非自発的移住
8位サイバー犯罪や
サイバーセキュリティ対策の低下
9位社会の二極化
10位汚染(大気、土壌、水)

一方で、10年間という長期的なリスクでは、トップ10のうち5つが気候関連のもので占められた。とくに、グローバルリスク・コンソーシアムの3分の2が、2024年の異常気象を懸念。地球システムの危機的変化、生物多様性の損失と生態系の崩壊など、地球全体が抱える環境問題がいかに深刻であるかがうかがえる。

危機に瀕する地球 今後10年で世界は大きく変化する

史上もっとも暑い年となった2023年。さらに各地では、自然災害も多発した。2024年以降は、さらにこのような地球の温暖化と異常気象が加速していく可能性が高い。そして生態系や天然資源にもそのような影響はおよび、地球は危機に瀕していると言えるかもしれない。

「地球が沸騰している時代」がやってきた 世界の猛暑・自然災害の原因は?

関連記事

グローバルリスク・コンソーシアムのうち、「世界が長期的に安定している」と答えたのはわずか9%だった。つまり、大多数が今後世界は不安定な状況にあるとみており、その大きな要因に異常気象や気候変動があるということだ。

私たちに差し迫っているこの危機について、本当に目を向けていかなければならないときがやってきている。

※掲載している情報は、2024年2月26日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends