おいしく食べてSDGsを学ぶ「ITOCHU SDGs STUDIO RESTAURANT 星のキッチン」オープン

星のキッチンキービジュアル

7月21日、青山にオープンしたレストラン「ITOCHU SDGs STUDIO RESTAURANT 星のキッチン」は有機野菜やフェアトレード食材などサステナブルな食材を使い、おいしく楽しく食べる先にSDGsの学びも得られる体験を提供している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.07.26
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

青山に“未来志向”のレストラン「ITOCHU SDGs STUDIO RESTAURANT 星のキッチン」オープン

星のキッチン外観

東京・青山に7月21日(金)、おいしく、楽しく、サステナブルな食体験を提供するレストラン「ITOCHU SDGs STUDIO RESTAURANT 星のキッチン」(以下、星のキッチン)がオープンした。

株式会社トランジットジェネラルオフィスは「星のキッチン」の一部デザインディレクション・メニュー開発・業態オペレーション開発・運営として参画している。

日本で洋食の普及を加速させたファミリーレストランを手本に、サステナブルな「食」の取り組みを“子どもから大人までみんなが好きな定番メニュー”で提供。

おいしく、楽しい食体験を通じて、気軽にSDGsについて体感してもらえるレストランになっている。

地球の未来、人の健康のために「食の進化」が問われている昨今。数々のサステナブルな食材・料理が生まれているが、「敷居が高い」という印象を持つ人も少なくない。

そのような固定観念を変化させ“未来に向けたサステナブルな食文化を広げる”第一歩として、「星のキッチン」ではサステナブルな食材を取り入れた“子どもから大人までみんなが好きな定番メニュー”を、誰でも気軽に入ることができる“カジュアルで洗練された空間”で、楽しんでもらうことを目指している。

「おいしい・楽しい」体験であることを大切にしながら、「食」に対する純粋なワクワク感の先でSDGsの学びも得られる機会の提供を目指す。

有機食材・リユース食器の利用、廃食用油の資源化、食品廃棄物を活用した発電などサステナブルな取り組み

リユース食器

メニューは有機野菜、地産地消と旬の食材、フェアトレード、アニマルウェルフェアなど、多様な食のサステナブルのあり方に触れられる食材を使用したメニューをラインアップ。

これらのメニュー開発は「日本サステイナブル・レストラン協会」にも監修協力を仰ぎ、地球環境や社会への負荷・影響の低減に配慮した食材の調達を行なっている。

TRANSFERロゴ

さらに、使用する食器は中古品として販売されている業務用食器をリユースし、新たなデザインを施すことで環境負荷低減に繋げるプロジェクト「テーブルウェアリユースプロジェクト“TRANSFER”」の取り組みによるものを採用。

そのほかにも、レストランから出た廃食用油をハンドソープに再資源化したり、食品廃棄物を微生物の働き(メタン発酵)によってバイオガスにリサイクルし、発電の燃料として活用したりするなど有機廃棄物のリサイクルにも取り組んでいる。

MENUの例

焼きナスのソイボロネーゼ 1500円

焼きナスのソイボロネーゼ

ひき肉の代替として大豆ミートを使用したボロネーゼ。有機のブイヨンとオーガニックのホールトマトを使用し、パスタも有機栽培のデュラム小麦を100%使用したパスタで、トッピングされているチーズは植物性のソイチーズを使用している。

この星のお子様ランチ 950円

この星のお子様ランチ

オムライスには、平飼い鶏の卵と有機JAS認定のトマトケチャップを使用している。サステナビリティに配慮したエビを使用したエビフライに一部有機野菜を添えた、大人も食べたくなるような贅沢なお子様ランチ。

海も幸せな海の幸フリット 1200円

海も幸せな海の幸フリット

陸上養殖の過程で環境に配慮した国産の幸エビは、頭から尻尾まで食べられる有頭エビ。揚げ油には、ワインを製造する際に廃棄される「ぶどうの搾りかす(残渣)」からつくられたグレープシードオイルを一部使用しており、油っぽさを感じさせない軽さが特徴。

幸エビをメインにしたシーフードフリットはエビの他、国内産の鯛やイカ、ズッキーニも使用し、添えられたレモンも国産のものを使用している。

もったいないバナナのパルフェ 1000円

もったいないバナナのパルフェ

Dole®のもったいないバナナを使用したパルフェ。おいしく食べられるのにさまざまな理由から規格外として仕方なく捨てられてしまうことになっていた「もったいないバナナ」をメイン食材として活用。

添えられているアイスは、低脂肪豆乳を使用したオリジナルの無添加アイスで、ナッツバターは有機のものを使用している。

未来をおいしく選ぶ“サステナブル・トッピングバー”

サステナブル・トッピングバー

多彩なサステナブル食材を選んでサラダやアイスクリームをカスタマイズできる「未来をおいしく選ぶ“サステナブル・トッピングバー”」も用意。

楽しくトッピングするなかで、食材の背景やストーリーに触れ、未来の地球に思いをはせるワクワク感を味わうことができる。

フードロス解決につながる野菜チップス、生産者の暮らしを支えるフェアトレードのチョコレート、地球環境にやさしいプラントベースのチーズ。

目にも舌にもおいしい食材から“好きなものを選ぶことが、この星や誰かの未来をちょっと良くする”そんな食体験を提供している。

また、アイスクリームは自然な素材にこだわった手づくりアイスクリームの「HANDELS VÄGEN(ハンデルスベーゲン)」と、おいしいプラントベースフードを提供していく「wellbeans(ウェルビーンズ)」にてつくられた、乳化剤・安定剤・香料・着色料無添加のオリジナルアイスを提供している。

誰でも気軽に・心地よく過ごせることを目指した店舗空間

星のキッチン内観

店内は、お子様連れのファミリーから、近隣で働く人たち、老若男女問わず誰でも、気軽に、安心して食事をしてもらえる空間を目指している。

店外には、メニューにも使用するハーブを栽培するガーデンを設け、心地よく過ごせるテラススペースを併設している。

ITOCHU SDGs STUDIO RESTAURANT 星のキッチン

電話番号

03-6434-0180

住所

〒107-0061 東京都港区北青山2-3-1

営業時間

火、水、木、金、土、日、祝 11:00 ~ 21:00

定休日

※月曜日が休日の場合、翌営業日が休業 ※ラストオーダーは20:30

お問い合わせ先/株式会社トランジットジェネラルオフィス
https://www.transit-web.com/

※掲載している情報は、2023年7月26日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends