ニュージーランドが「生鮮食品用の薄いプラスチック袋」も禁止 世界で初めて

スーパーマーケットの生鮮食品売り場

Photo by Scott Warman on Unsplash

ニュージーランドでは2019年よりプラスチック製のレジ袋が禁止されているが、このたび、スーパーで野菜や果物を入れる薄いプラスチック袋も対象に拡大された。これは世界で初めてのことだ。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.07.10
SOCIETY
編集部オリジナル

KDDIのつなぐストーリー vol.2|“願い”をもって漁業の現場でデジタルと人をつなげる

Promotion

2019年のレジ袋禁止から、対象を拡大

ニュージーランド政府は、スーパーで野菜や果物などを入れるために使われる薄いプラスチック袋の使用について禁止することを発表した。

プラスチック製のレジ袋を禁止している国は増加しているが、生鮮食品用の薄いプラスチック袋は対象外だ。そのため、ニュージーランドは薄いプラスチック袋も禁止した世界で初めての国となった。

ニュージーランドでは、2019年よりプラスチック製のレジ袋の使用が禁止となっている。その結果、10億枚以上のレジ袋を節約できたという。

しかし、同国のレイチェル・ブルッキング環境副大臣は、「ニュージーランドでは、あまりにも多くのごみと、プラスチックごみを出している」と指摘。さらなるプラスチックごみの削減が必要として、今回の措置に踏み切ったようだ。これにより、年間1億5000万枚のレジ袋の削減につながるとみられている。

レジ袋を禁止・有料化している国は世界60か国以上 日本との違いは?

関連記事

繰り返し使えるメッシュバッグなどを活用しよう

オーガニックコットンのメッシュバッグ shopping

プラスチックの袋の代わりに、野菜や生鮮食品などを入れられるメッシュバッグ。

これを受けて、ニュージーランドで185店舗を展開するスーパーマーケットチェーンでは、再利用できるメッシュバッグの販売を開始している。

日本ではまだ、薄いプラスチック袋は使用が認められているが、それもプラスチックごみを増やす原因のひとつだ。ぜひ、繰り返し使えるメッシュバッグなどの利用を始めてみてはどうだろう。

Two Trees

オーガニックコットン メッシュプロデュースバッグ 2枚パック

1,200円

※2021.05.14現在の価格です。

※掲載している情報は、2023年7月10日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends