豪カンタス航空、女性従業員の化粧・ヒールの着用ルールを撤廃 服装規定を全面改訂

豪カンタス航空で着用義務が撤廃となる女性のハイヒール

Photo by Laura Chouette on Unsplash

オーストラリアのカンタス航空は、客室乗務員の服装規定を見直し、これまで女性の客室乗務員に求めてきた化粧とハイヒールの着用を撤廃。男性については、髪をのばしてコーンロウのヘアスタイルにすることも認める。世界中で広がるジェンダーニュートラルの考えに対応するものだ。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.07.12
BEAUTY
編集部オリジナル

藻から化粧品の原料ができる不思議 「微細藻類」がもつポテンシャル

Promotion

10年ぶりに客室乗務員の服装規定を見直し

カンタス航空は先日、10年ぶりに客室乗務員の服装規定について全面的に見直しを行った。その内容によると、女性と男性とそれぞれに設けられた服装規定を完全に撤廃。

これまでは、女性なら化粧をしてハイヒールを着用することが求められていたが、その必要がなくなる。また男性についても、髪をのばすほか、コーンロウ(頭皮に細い三つ編みを編み込むヘアスタイル)も認められる。客室乗務員それぞれの好みやライフスタイルにあわせて、化粧の有無やヘアスタイルなど、外見について自由に選べることとなる。

カンタス航空の客室乗務員から成る労働組合は、従業員の服装について「より快適で実用的なものにするよう」、同社へ働きかけていた。今回の服装規定見直しは、これを受けたものだ。

性別で分けない「ジェンダーニュートラル」な考えへ

女性ならスカートにヒールの靴をあわせ、きれいに化粧する。男性は短髪にパンツスタイル。これまでは、そんな概念が一般的で多くの企業がそれに準じた服装の規定を設けてきた。

しかし、性別の垣根をなくしたジェンダーニュートラルな考え方が一般的になり、個々が尊重されるようになっているいま。世界の航空会社では、カンタス航空と同様の動きが広がっている。

たとえば、イギリスのヴァージン・アトランティック航空では2022年、従業員の性別にかかわらず、スカートやパンツなどの好きな制服を自由に選んで着用できるようにした。

性別によらず好きな制服を着用可能に ヴァージン・アトランティック航空

関連記事

アメリカのユナイテッド航空では2023年5月、自分の名札を「She/her(彼女)」や「He/his(彼)」など、自分のアイデンティティにあわせて表示できるようにした。カナダのウエストジェット航空でも、従業員の制服において「女性」と「男性」というカテゴリーの区分けを排除している。

このようなジェンダーニュートラルな考えは、今後もますます広がっていきそうだ。

※掲載している情報は、2023年7月12日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends