カナダが化粧品の動物実験を禁止 EU・豪など世界40か国以上に続き

ウサギ

Photo by Janan Lagerwall on Unsplash

カナダで化粧品の動物実験が禁止された。今後、動物実験を行う化粧品の販売や輸入が禁止され、動物実験に関して虚偽の表示を行うことも違法となる。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.06.28
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

動物実験を行う化粧品の販売と輸入を禁止

カナダ政府は先日、食品医薬品法の改正案を盛り込んだ総合予算案を承認。安全性を立証するため動物実験を行う化粧品の販売と輸入を禁止し、動物実験に関して虚偽または誤解を招く表示を行う化粧品の販売も禁止した。

ジャン-イブ・デュクロ保健大臣は次のように述べている。

「動物実験は残酷で不要だ。だからこそ、化粧品の動物実験禁止を誇りに思う。私たちは、動物福祉を改善するために必要となるあらゆる措置を取っていく」

カナダで動物実験が禁止されるまでの道のりは、決して平たんなものではなかった。最初に上院議会に動物実験禁止法案が提出されたのは、2015年のことだった。その後、3年の月日を経て上院を通過したものの、2019年には下院で否決された。

2021年には自由党が動物実験廃止を公約のひとつに掲げ、2023年度の予算の一部に、動物実験を禁止するための食品医薬品法改正案を提案。ついにその改正案が可決されたのだ。

動物実験を禁止する本法律の施行は、2023年12月からになる見込み。

世界40か国以上で動物実験禁止

現在、動物実験を禁止・制限する世界の国は、40か国以上にのぼる。2013年にEUが動物実験を全面禁止したのを皮切りに、イスラエル、オーストラリア、ニュージーランド、インドなどが続いている。アメリカでは、カリフォルニア州、ニューヨーク州、ハワイ州、ネバダ州など、10の州で禁止している。

世界40か国以上で禁止 「化粧品の動物実験を禁止している国」一覧

関連記事

化粧品の開発や製造における動物実験を廃止する動きは、世界に広がっている。動物実験を行わないことが世界のスタンダードとなる日は、着実に近づいているのではないだろうか。

※掲載している情報は、2023年6月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends