「リ・ユニクロ スタジオ」が北米4店に誕生 リペア需要増で世界17店舗に拡大

NYにあるユニクロ・フィフスアベニュー外観

Photo by UNIQLO

リペアやリメイクをおこなう「RE.UNIQLO STUDIO(リ・ユニクロ スタジオ)」。ベルリン、NY、ロンドンなどで展開してきたが、このたびアメリカの4店舗でもオープン。世界17店舗での展開となった。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2023.06.05
FOODS
編集部オリジナル

CO2が発生しない水素焼レストランって?「くらしのサス活」キャンペーンで当たるおいしい賞品

Promotion

NY・ビバリーヒルズ・シカゴなど、アメリカでは全5店舗で展開

NYにあるユニクロ・SOHOニューヨークストア

Photo by UNIQLO

ユニクロ・ソーホーNY店

いまある服のリペアやリメイクをおこなう、ユニクロの「RE.UNIQLO STUDIO(リ・ユニクロ スタジオ)」。ドイツのベルリンからはじまったこの「RE.UNIQLO STUDIO」は、2店舗目を2022年にアメリカのNYソーホーで、3店舗目をロンドンのリージェントストリートで展開してきた。そしてこのたび、アメリカの4店舗でも展開を開始した。

新しくオープンしたのは、NY5番街、ビバリーヒルズ、シカゴのステートストリート、フロリダのディズニー・スプリングスの4店舗。アメリカでの1店舗目となったNYソーホーの店を入れると、全5店舗の展開となる。

「RE.UNIQLO STUDIO」は、これまで世界9か国でサービスを提供してきたが、今回のアメリカでの新店舗を入れると全部で17店舗となる。

ユニクロがロンドンから発信する新たなサービス リペア&リサイクルの「RE.UNIQLO STUDIO」とは

関連記事

格安料金で「もっと長く愛用できる一着」へ

アメリカの「RE.UNIQLO STUDIO」でできるリペアのメニューは、ジーンズやセーターの穴、ほつれ、シャツのボタン変更など。ダウンジャケットの穴やほつれのリペアも可能で、料金はいずれも5ドル(約700円)だ。

日本人が運営するロンドン拠点のパターン・縫製スタジオ「Studio Masachuka(スタジオ・マサチュカ)」を招いたイベントがおこなわれるなど、日本の伝統的な刺繍を利用したリメイクなども紹介し、長く着つづけられるアイデアを提案している。

また、リペアのほかに、不要となった服を地元のコミュニティに寄付できる「リユース」、新しい服に再利用する「リサイクル」もおこなわれている。

ユニクロでは、以前よりパンツの丈を短くするお直しサービスをおこなっており、リペアのスキルを持ったスタッフがいるそうだ。そのため、今回の「RE.UNIQLO STUDIO」のオープンにあたっても、最小限の投資で済んでいるのだとか。

ユニクロは今後もリペアの市場が拡大するとみて、「RE.UNIQLO STUDIO」を増やしていくようだ。

※掲載している情報は、2023年6月5日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends