「スターバックス」繰り返し使える店内グラス 全国1500店舗でスタート

店内グラスで提供されるコーヒー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、フラペチーノ®などアイスビバレッジの店内利用時に繰り返し使えるグラス提供を行う取り組みを、3月末より全国の約1,500店舗で開始する。それに向けて、2月20日より約100店舗で先行導入も開始している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.02.28
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球を想い、人を想う洗剤「ハッピーエレファント」のランドリーアイテム

Promotion

「スターバックス」繰り返し使える店内グラス 全国展開に向けて先行導入スタート

グラスで提供するコーヒー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、廃棄物削減を目指す取り組みとして、試験導入していたフラペチーノ®などアイスビバレッジの店内利用時のグラス提供を、3月末より全国の約1,500店舗で開始する。

対象となるのは、全国1,792店舗(2022年12月末時点)のうち、客席のない店舗や収納スペースの少ない店舗などグラス提供ができない店舗を除いた店舗。

また、全国展開に先駆け、2月20日(月)より、東京・丸の内、銀座エリア、京都、静岡などの約100 店舗で先行導入を行っている。

繰り返し使える店内グラスは樹脂製で2サイズあり、それぞれショート/トール、グランデ/ベンティに対応し、これまで同様のスターバックス体験を提供する。

店内グラス提供は2022年4月から、東京・渋谷エリア、大阪、愛知、福岡などの106店舗で試験導入し、検証を重ねてきた。お客様や店舗で働くパートナー(従業員)からのフィードバックをもとに、より薄く、目を引くデザインにし、持ちやすくて飲みやすいグラスに仕上げた。

見た目を楽しみながら使い捨てカップ削減 オペレーション面でもポジティブな成果

店内用グラス

試験導入の際、お客様からは、フラペチーノ®やキャラメルマキアートなどの商品が「よりおいしそうに見える」「グラデーションがきれい」といった声が寄せられた。

いつものビバレッジを楽しみながら、環境負荷低減にも参加できる取り組みとして、多くの人が賛同し、利用した結果、店内のリユース率が従来の9倍になった店舗や、ごみ捨て回数が半減したことでお客様と会話する時間に充てられた、といったポジティブな成果にもつながった。

スターバックスのビバレッジに関する環境負荷低減の取り組みは、2020年1月により紙製ストローを段階的に導入し、2021年2月からプラスチックカップで提供していたアイスコーヒーなど一部アイスビバレッジをペーパーカップに切り替え、2022年6月には店内のアイスビバレッジのリッド(蓋)なし提供を全国でスタートした。

店内で繰り返し使えるマグカップやグラス、マイタンブラーなどビバレッジを楽しみながら環境負荷低減につながるサステナブルな選択肢を提案し、お客様と一緒に大きな変化につなげていくことを目指す。

スターバックスは、グローバル、および日本で掲げる、2030年までの廃棄物50%削減の目標に向けて、リユースやリサイクルの促進、サステナブルな素材への変更などを通して、地球資源を大切に活用し続けるとしている。

お問い合わせ先/スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
https://www.starbucks.co.jp/

※掲載している情報は、2023年2月28日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends