「サッポロビール」ビールの副産物からつくったアップサイクルジーンズ発売

アップサイクルジーンズ

サッポロビール株式会社は、ビールづくりの工程で麦汁を搾ったあとに派生するモルトフィードなど、ビールの副産物からデニムの生地をつくり製品化したアップサイクルジーンズ「黒ラベル Malt & Hops Series Yellow Stitch JEANS」を発売する。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.12.08
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

ビールの副産物でつくるアップサイクルジーンズ「黒ラベル Malt & Hops Series Yellow Stitch JEANS」 サッポロビールが発売

アップサイクルジーンズ

サッポロホールディングス株式会社のグループ企業であるサッポロビール株式会社は、会員制サイト「CLUB黒ラベル」内のECショップ「サッポロ生ビール黒ラベル THE SHOP」で、「黒ラベル Malt & Hops Series Yellow Stitch JEANS」(イエローステッチジーンズ)を新たに発売する。

さとうきびのデニム製品への加工で知られるSHIMA DENIM WORKS(沖縄県浦添市)の技術をもとに、ビールづくりの工程で麦汁を搾ったあとに派生するモルトフィードや、ホップの収穫時に出る茎や葉など、ビールの副産物からデニムの生地をつくり、共同で製品化した“アップサイクルジーンズ”だ。

現在、主に動物の飼料や畑の肥料として再利用されているビールの副産物の可能性を広げる、画期的な製品と言える。

ビールの副産物からデニムをつくる工程

ビールの副産物を沖縄県でパウダー化し、そのパウダーを岐阜県美濃市で「紙の糸」和紙糸に加工。広島県福山市の「ジーンズソムリエ」で、布にしている。さらに、同じく広島県福山市の熟練の職人が、手づくりで一つ一つサイズに合わせて仕上げる。

レザーパッチやトップボタン、ピスネームに至るまで、細部のデザインにもこだわり、黒ラベルのロゴと同じビールカラーのイエローステッチを新たに使用したJAPAN MADEのハンドメイドストレートジーンズだ。

アップサイクルジーンズ

黒ラベルの“アップサイクルジーンズ”としては、今年4月に「黒ラベル Malt & Hops JEANS」を30本限定で抽選販売を行ったところ、約1,600件の応募という大きな反響が寄せられた。

また同商品を販売するECショップ「サッポロ生ビール黒ラベル THE SHOP」を構える会員制サイト「CLUB黒ラベル」は、今年4月のリニューアル以来、会員数が約10万人増加。「CLUB黒ラベル」を通じて、さらにお客様とのコミュニケーションの深化に取り組んでいくとしている。

サッポロビール

黒ラベル Malt & Hops Series Yellow Stitch JEANS

41,800円

※2022.12.07現在の価格です。

お問い合わせ先/サッポロビール株式会社
https://www.sapporobeer.jp/beer/index.html

※掲載している情報は、2022年12月8日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends