インド初「100%太陽光発電の村」が誕生 モディ首相が宣言

100%太陽光発電の村が誕生した、インドの国旗

Photo by Naveed Ahmed on Unsplash

インド・グジャラート州モデラは、同国初となる「100%太陽光発電の村」となった。政府の出資により、1300枚以上のソーラーパネルが設置され、電気代ゼロでの電力利用も可能になった。

今西香月

環境&美容系フリーライター

慶應義塾大学 環境情報学部卒。SUNY Solar Energy Basics修了。 カリフォルニア&NY在住10年、現地での最新のサステナブル情報にアンテナを張ってライター活動中

2022.11.07
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

中央政府・州政府が共同出資 1300枚以上のソーラーパネルを導入

ソーラーパネルの導入で電気料金の無料化に成功

Photo by Moritz Kindler on Unsplash

エネルギー危機により、世界各国で電気料金が高騰中だ。再生可能エネルギーの普及が求められるいま、インドのナレンドラ・モディ首相は、グジャラート州にある村モデラを同国初となる「100%太陽光発電の村」と宣言した。

モデラは、プシュパヴァティ川のほとりに位置する小さな村だ。ヒンズー教の太陽神スーリヤを祀る寺院があり、ユネスコの世界遺産にも認定されている。

そんなモデラで、中央政府とグジャラート州政府が太陽光発電プロジェクトを立ちあげ、80.66億ルピー(約145億円)ずつ共同出資。村には地上設置型の太陽光発電所と、住宅や政府の建物の屋上に1,300枚以上のソーラーパネルが設置された。

また、発電した電力を必要に応じて貯蔵・放出できるバッテリーエネルギー貯蔵システム (BESS) を導入。この蓄電システムにより、24時間無休でクリーンエネルギーの供給が可能となった。さらに、電気自動車の充電ステーションも設置され、バスや自動車も太陽光発電でまかなえるという。

グジャラート州政府の発表によると、このプロジェクトによってモデラ村民は電気料金を60%から100%と大幅に節約できるそうだ。1,000ルピー(約1,800円)を超えていた電気料金が、今日ではほぼゼロを実現。ソーラーパネルは、なし得るすべての住宅に無料で設置され、余剰電力を販売して追加の収入を得ることも可能だそうだ。

世界で注目が集まる「100%太陽光発電の町」

ウクライナ侵攻をきっかけに、再生可能エネルギーがますますクローズアップされるようになった。他国の石油資源に頼らず、環境にやさしい再生可能エネルギーを自国でまかなうことは、今後の各国の経済成長でも、また地球環境の面でも必要不可欠だ。

また、アメリカの太陽光発電100%の街では、甚大な被害をもたらしたハリケーンに襲われても、停電にならず、最小限の被害で済んだことから注目されている。

アメリカ初の「100%太陽光発電の町」 ハリケーンでも停電せず注目度上昇

関連記事

エネルギー資源の海外輸入依存度が高い日本にとって、インド・モデラやアメリカの太陽光発電100%の町づくりは参考事例となるだろう。

※掲載している情報は、2022年11月7日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends