タイガー魔法瓶から炭酸飲料を持ち運べるボトル登場「真空断熱炭酸ボトル」

真空断熱炭酸ボトルに炭酸飲料を注ぐ様子

Photo by タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶から、冷たい炭酸飲料を持ち運べる「真空断熱炭酸ボトル」が登場した。これまでの一般的な真空断熱ボトルには、破損や破裂の恐れがあることから炭酸飲料を入れることはできなかった。炭酸ガスを調節する独自の仕組みを取り入れ、おいしい炭酸が味わえるボトルを実現した。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.06.27
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

地球の美しさと、炭酸のおいしさを保つ「真空断熱炭酸ボトル」

炭酸飲料を乾杯する手

Photo by タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶から、地球の美しさと炭酸のおいしさの両方を保つ「真空断熱炭酸ボトル」が登場した。これまでの一般的な真空断熱ボトルには、炭酸飲料を入れることはできなかった。

理由は、ボトルの内圧が上がり、破損や破裂の恐れがあるからだ。今回の炭酸ボトルでは独自のBubble Logic(バブルロジック)を採用。「安全弁」を搭載し、真夏の車中放置などで温度が著しく上昇するなど、ボトル内の圧力が異常に高まった際に自動でボトル内の炭酸ガスを逃す構造を実現した。

またキャップを閉めている時には、炭酸ガスをしっかりとボトル内に閉じ込め、キャップの開栓時には、炭酸ガスを先に抜く構造を取り入れることで、中身の吹き出しや飛び散りを防ぎ、軽い力で開けられるようになっている。

バブルロジックの図説

Photo by タイガー魔法瓶

安全弁の図説

Photo by タイガー魔法瓶

内面はタイガー魔法瓶独自の「スーパークリーンplus」によってなめらかな表面にしているため、炭酸が気化しにくくなっている。

タイガー魔法瓶の「4つの約束」ボトルを通じてサステナブルな社会へ

真空断熱炭酸ボトルに炭酸飲料を注ぐ様子

Photo by タイガー魔法瓶

タイガー魔法瓶は健康配慮、人権配慮、環境配慮を実現するために「タイガー真空断熱ボトル 4つの約束」を掲げている。

1つ目は「紛争鉱物の不使用」だ。人の苦しみの上につくられた原材料は一切使用しないという意志のもと、コンゴ民主共和国および周辺9カ国で採掘される鉱物資源を使用しないとしている。

2つ目は、環境負荷の高い「フッ素コートの不使用」だ。同等レベルの防染を別の技術で実現している。

3つ目は「自社工場での生産の徹底」だ。コストがかかっても消費者の健康と商品品質を守るためにこだわっている。

4つ目はマイボトルを推奨することによる「プラスチックごみの削減」への寄与だ。「真空断熱炭酸ボトル」の登場によって、マイボトルで持ち運べる飲み物の幅も広がるだろう。

カスタムボトル

Photo by タイガー魔法瓶

容量や底ラバーの色などの組み合わせで、自分好みにカスタマイズできるカスタムボトルも、500mL(7,150円)〜1500mL(9,020円)までラインアップしている。

タイガー魔法瓶

真空断熱ボトル 0.8L

6,500円

※2022.06.26現在の価格です。

お問い合わせ先/タイガー魔法瓶株式会社
https://www.tigerbottles.com/pages/tansan-bottle

※掲載している情報は、2022年6月27日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends