食を通じて“循環”を考える場所「ジャイルフード」 選りすぐりの食材などが全国から集結

表参道の商業施設「GYRE(ジャイル)」の4階フロアが「GYRE.FOOD(ジャイルフード)」としてグランドオープンしている。1,000㎡の空間に並ぶ店のうちの一つ「eatrip soil(イートリップ ソイル)」には、全国から集められた食材やキッチングッズが並ぶ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.07.07
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

“循環”がテーマの「ジャイルフード」 1,000㎡の広いフロアに広がるレストランフロア

ジャイルフード  1,000㎡の広いフロア

2007年にオランダの建築家グループ「MVRDV」のデザインにより表参道にオープンした商業施設「GYRE(ジャイル)」。2020年1月、4階レストランフロアが新しく生まれ変わり「GYRE.FOOD(ジャイルフード)」としてグランドオープンしている。

ワンフロアー・ワンコンセプトを軸とした1,000㎡の広いフロアには「循環」をテーマとした、メゾン、オールデイ・ダイニング、バー、グロッサリーショップ、イベントスペースが広がる。GYREのコンセプト「SHOP&THINK(世の中で起きていることを意識しながら暮らすこと)」の意思を根底に共有している。

野村友里のグロッサリー&エクスペリエンスショップ「eatrip soil」

ジャイルフード全体のコンセプトを手がけたのは、明治神宮前の古民家にオープンした「restaurant eatrip」をはじめ“食”について多岐に渡り活躍する料理家・野村友里氏。野村氏は「都会に一番足りないのは土地、大地感、土かもしれません。ビルの中で生まれる土を感じ、緑に囲まれながらおいしい食を中心に集い、みんなの場所として育っていけたらと願っています」と思いを語る。

フロア内にある注目のお店の一つは野村氏が営むグロッサリー&エクスペリエンスショップ「eatrip soil(イートリップ ソイル)」だ。“本当にほしいもの、必要なものは何か”という物差しで選りすぐった食材、キッチン周りのグッズ、作品が全国から集まる。

ショップ

物を買う行為・選択がいま私たちが生きている暮らしに反映し、近い未来、その先の遠い未来につながるいい連鎖に少しでも繋げたいという思いが込められたショップだ。

プロたちが集い創り上げる、土・緑・光の「循環」 食を通じてTHINKする場所

今回のプロジェクトには野村友里氏の他にも多くのプロフェッショナルたちが集っている。レストランのフードディレクションは、パリで修行し銀座「ESqUISSE(エスキス)」でスーシェフとして腕を磨いてきた信太竜馬氏。

カウンター

緑が生い茂る森のような空間の設計は、フランスを拠点に活動する建築家、田根剛氏が担当。ジャイルフードは田根氏が手がける日本においてはじめてのレストランである。

緑に囲まれた空間

また、ジャイルフードは「循環」を表すアクションのひとつとして、日々の食材をコンポストし肥料にして、施設の畑の土に生まれ変わらせている。さまざまな思いや考えを持ち帰ってもらうためのワークショップも開催し「食を通じて、感じ、考え、変化していくスタイルを育む空間」を目指す。

GYREの総合ディレクターであるHiRAO INC代表取締役の平尾香世子氏は、GYREを「意思をもつ施設」とし、新たな空間の誕生にこうメッセージを寄せる。「“ジャイルフード”には循環というTHINKがあります。

土と緑と光が循環する空間。ここ東京・表参道からあらたな営みにつながる“共感”と“共鳴”が生まれ続けるよう、食べるを通じた“SHOP&THINK”をみなさまにご提案したいと思います」(一部抜粋)

GYRE.FOOD 緑に囲まれた空間

現代を生きる「食」のプロフェッショナルがいま感じている、時代への責任と想いが込められたジャイルフード。実験的なプロジェクトが今後進められていくなかで、多くの人が食を楽しみながら、地球環境の未来を感じ考えるフロアとして、先の時代へ向かい日々進化を繰り返す場所になるだろう。

GYRE.FOOD(ジャイルフード)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 4階
※電話番号、営業時間、定休日はフロア店舗情報を参照
※新型コロナウイルスの影響で営業時間変更の可能性あり。最新情報は各店舗サイトで確認を。

フロア店舗情報
élan(maison)
03-6803-8670/18:00-21:00/日曜・月曜定休
eatrip soil(grocery&experience shop)
03-6803-8620/11:00-20:00/毎週月曜定休
bonélan(casual restaurant)
03-6803-8677/11:00-21:00(平日・土曜)11:00-15:00(日曜)/毎週月曜定休
uni(cafe・deli・bar)
03-6803-8699/11:00-23:00(平日・土曜)11:00-18:00(日曜)/毎週月曜定休

問い合わせ先/GYRE
https://gyre-omotesando.com/

※掲載している情報は、2020年7月7日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends