誰でも楽しめるヴィーガン・ベーカリー「Universal Bakes Nicome」

プレートに乗ったドーナッツ

Photo by Universal Bakes Nicome

中目黒のヴィーガンカフェ「Alaska zwei」や世田谷代田の「Universal Bakes and Cafe」に連なる新たなベーカリー「Universal Bakes Nicome」が下北沢にオープンした。"おいしいもの好き”のスタッフが集った、誰でも楽しめるスポットだ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.01.17
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

100%ヴィーガンで誰でも楽しめるベーカリー「Universal Bakes Nicome」

中目黒のヴィーガンカフェ「Alaska zwei」や、世田谷代田のヴィーガンベーカリー・カフェ「Universal Bakes and Cafe」に連なる新たなヴィーガンベーカリー「Universal Bakes Nicome(以下、Nicome)」が下北沢にオープンした。

「さまざまな文化や環境で育った世界中の人がこころの垣根なく楽しめる食空間」というUniversal Bakesのコンセプトを受け継ぎ、集まったスタッフは全員"おいしいもの好き”で、必ずしも完全なヴィーガンではない。

なぜならヴィーガンであるかないかに関わらず、誰にとってもワクワクできるパンやお菓子の提供を目指しているからだ。

一方で、提供するメニューはUniversal Bakes and Cafe同様「100%ヴィーガン(植物性素材のみ)」。パン・お菓子・ドリンクを誰にとっても楽しめる形で提供している。

提供ラインアップは世田谷代田の本店とNicomeで異なり、同じパンはほぼないという。メロンパンやスープ、オーダーごとに焼き上げるフレンチトーストは本店限定の商品となる。

Nicomeではパンのほか、全粒粉ドーナツやオールドファッションドーナツ、グルテンフリーベイクドドーナツといったヴィーガン・ドーナツや焼き菓子も販売している。

食パンのバラエティはさらに豊かだ。ゆず食パン、あおさの食パン、あん食パンにはじまり、ポテトチップスのフレーバーのような「江戸前しょうゆ」「瀬戸内レモン」といったユニークな塩パンも揃えている。

なお、同店では包装材やドリンクカップをはじめ、可能な限りプラスチックごみの出ない営業を行っているという。

誰もが環境や動物たちに配慮しながら楽しめる同店。下北沢に足を運ぶ機会があれば、ぜひチェックしてみてほしい。

Universal Bakes Nicome

住所

〒155-0031 東京都世田谷区北沢3−19-20 reload 2階

営業時間

水、木、金、土、日、祝 08:30 ~ 18:00

出典:Universal Bakes Nicome
https://www.instagram.com/universalbakes_nicome/

※掲載している情報は、2022年1月17日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends