「ロイヤルパークホテルズ」が“循環型”スープを提供 水草を堆肥化して野菜栽培に活用

スープ

「株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」と「三菱地所株式会社」が、サステナブルな野菜を使ったスープを開発。ロイヤルパークホテルズの一部にて、8月25日から10月31日まで期間限定で提供する。都市と地方をつなぐ資源循環の仕組みを構築するための取り組みとして行われる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.08.27

「ロイヤルパークホテルズ」と「三菱地所」が連携 資源循環の仕組みを模索

スープ

「株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」と「三菱地所株式会社」が、サステナブルな野菜を使ったスープを開発した。ロイヤルパークホテルズの一部にて、8月25日から10月31日までの期間限定で提供される。

このスープには、三菱地所グループが2019年から「大地への恩返しプロジェクト」と題して、皇居外苑濠から刈り取った生態系に影響を与える水草「ヒシ(菱)」を堆肥化し、その堆肥を使って栽培した野菜が使われている。

スープは「横浜ロイヤルパークホテル」総料理長が監修した、オニオンスープとコーンスープの2種類を提供。ヒシを使って育てた玉ねぎと、「三菱ケミカル」が行う生分解性樹脂の堆肥化プロジェクトの過程で栽培されたトウモロコシが使われている。

なおロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、一部ホテルの飲食店舗などで使用するストローを生分解性樹脂「BioPBS™」製品に切り替えており、生分解性樹脂の堆肥化プロジェクトに参加している。

スープ

また、玉ねぎと同じくヒシを含む堆肥で栽培されたニンニクが、「横浜ロイヤルパークホテル」の地下1階にある鉄板焼店「よこはま」にて、ホイル焼きやガーリックライス等として提供されることも決定。

さらに、9月18〜19日には、スープの元となる玉ねぎやトウモロコシを含むサステナブルな野菜を販売するマルシェの開催も決定した。開催場所は、「ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8」「ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮」の2箇所。

マルシェの開催は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大状況により、延期・中止となる可能性もあるので、詳しくはオフィシャルサイトを確認しよう。

提供ホテル
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留(※A)
ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8(※A、B)
ザ ロイヤルパークキャンバス 名古屋(※C)
ザ ロイヤルパークキャンバス 京都二条(※D)
ザ ロイヤルパークキャンバス 大阪北浜(※D)
ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮(※D)
ザ ロイヤルパークキャンバス 札幌大通公園(2021年10月1日開業予定)(※E)

(※A)セットランチのスープとして提供
(※B)ウェルカムドリンクとして提供
(※C)セットランチ、およびディナーのスープとして提供
(※D)朝食(セット/ブッフェ)の一品として提供
(※E)開業時のレセプションにてウェルカムドリンクとして提供

マルシェ

会場

ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8、神戸三宮

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座8-9-4

開催日時

2021年9月18日 〜 2021年9月19日

開催予定状況

予定通り開催

主催者

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

※両日ともに、銀座8は11:00~17:00、神戸三宮は10:00~17:00の開催

お問い合わせ先/株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ
https://www.royalparkhotels.co.jp/

※掲載している情報は、2021年8月27日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends