近未来の食料保存のあり方 地面に埋める冷蔵庫「Groundfridge」がエコな理由

Groundfridgeから食料を持って地面に出てくる女性

まるでイグルーのような球体型をした地下冷蔵庫「Groundfridge」は、年間を通して10〜12℃の温度帯をキープできる。野菜やチーズ、ワインなどの食材を保存するのに最適だ。約3,000L分の食糧を貯蔵できるといい、家庭用冷蔵庫約20個分に相当する。

染谷優衣

フリーランスライター

YouTubeのThrift Filp動画をきっかけにサステナブルに興味を持つ。最近は洋服のリメイクを勉強中。リサイクルショップで掘り出し物の古着を見つけるのが好き。

2021.06.16

容量は家庭用冷蔵庫20個分 地下の特性を活かしたエコな冷蔵庫「Groundfridge」

「Groundfridge」の棚にならぶ野菜

オランダのデザイナーFloris Schoonderbeekさんが開発した「Groundfridge」は、電力を使わずに食べ物を冷蔵保存できるのが特徴だ。

同製品は、食料貯蔵庫として活躍した伝統的なセラーからインスピレーションを受けている。見た目はまるでイグルーのような球体型をしており、入り口から階段を降りて貯蔵庫に行く構造だ。扉以外はすべて地下に埋まっているため、外から見えるのは扉のみで景観を害すこともない。室内には食料品を置きやすいよう木製の棚が内蔵されている。

「Groundfridge」の構造

地上に出る階段をのぼる足元の様子

設置の際は、地面を掘り「Groundfridge」の上に1mほど土をかけることで、温度変化の影響を受けにくくできる。庫内の温度は地域の気候にもよるが、年間を通して10〜12℃で安定する。野菜やチーズ、ワインなどの食材を保存するのに最適だ。製造会社によると、約3,000L分の食糧を貯蔵できるといい、家庭用冷蔵庫約20個分に相当するという。

環境配慮を徹底するレストランに 運用から価値観を示す

砂浜に埋められた「Groundfridge」から、飲料をカゴに入れて出てくる男性

20個分の冷蔵庫となると、一般家庭ではスペース的に厳しいかもしれない。価格としても1台100万円以上するため、地方で農業を営む人や飲食業を経営する人と相性が良さそうだ。

初期投資の価格こそ高くものの、その後の運用でほぼ電力を使わないことを考えると、長い目で見たときの費用対効果もそこまで悪くない。

とくに最近は、日本でも環境配慮をしたレストランが増えてきている。ある調査によると、背景にはミレニアル世代やZ世代が“自分の価値観に合った飲食店”として境環境への取り組みに賛同する人が多くいるからだという(※)。

「Groundfridge」のような環境配慮がされた製品を運用することで、店の価値観をより強く表せるだろう。

※ 食品ロス削減などの環境配慮を徹底! “サステイナブル・レストラン”続々オープン|ホットペッパーグルメ外食総研
https://www.hotpepper.jp/ggs/trend/article/trend/20200131

参照サイト/Groundfridge
https://www.groundfridge.com/

※掲載している情報は、2021年6月16日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends