再生可能エネルギーと耕作放棄地を活用した日本酒「推譲」が発売 「みんな電力」が電力の産地を証明

推譲のボトル

寛政元年より約230年続く「井上酒造」から、再生可能エネルギーと耕作放棄地を活用した日本酒「推譲」が発売された。耕作放棄地を活用したソーラーシェアリング型発電所「おひるねみかん発電所」の電力と米を使っている。「みんな電力株式会社」によって、電力の産地証明もなされている。

2021.04.14

世界初のソーラーシェアリング日本酒「推譲」 耕作放棄地を活用した米「キヌヒカリ」を使用

推譲のボトル

推譲 1,650円(税込)

寛政元年より約230年続く神奈川県の「井上酒造」より、再生可能エネルギーと耕作放棄地を活用した日本酒「推譲」が発売された。

推譲は「おひるねみかん発電所」の太陽光パネルの下で生産した米を原料としており、製造工程においても同発電所の電力を利用している。

おひるねみかん発電所は、全国に約42.5万haあるといわれる耕作放棄地を活用したソーラーシェアリング型発電所で、CO2を排出しない太陽光発電を行っている。

パネル下の米の栽培には、農薬や除草剤を一切使用せず「キヌヒカリ」という食用米を自然栽培しており、昨年は330kgも収穫している。

推譲製造の仕組み

電力供給を担当する「みんな電力」は、ブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステムを用いて電力の“産地証明”を行っている。原材料だけでなく、使用しているエネルギーの顔も見える商品だ。

井上酒造 代表取締役 井上寛氏

井上酒造 代表取締役 井上寛氏

井上酒造の代表取締役、井上寛氏は今回の取り組みへの思いを次のように語っている。

「日本酒は米といい水がなければ造ることができません。言い換えれば、農業と環境保全が磐石でないと日本酒造りはできなくなります」

井上酒造

推譲

1,650円

※2021.04.14現在の価格です。

お問い合わせ先/みんな電力株式会社
https://minden.co.jp/

※掲載している情報は、2021年4月14日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends