規格外品に光をあてるエシカルマルシェ「hello, popup vol8 ”ふぞろいのしあわせを”」開催

エシカルマルシェのようす

ポップアップ情報特化メディア「POPAP(ポパップ)」が複合型プラットフォーム「OPEN NAKAMEGURO」にて、3月21日にエシカルマルシェを開催する。エシカルフードの販売だけでなくゼロ・ウェイストにも取り組み、米や豆の量り売り、野菜のバラ売りも行われる。

2021.03.19

一日限りのエシカルマルシェが「OPEN NAKAMEGURO」にて開催 ありのままの姿の野菜を販売

エシカルマルシェのようす

複合型プラットフォーム「OPEN NAKAMEGURO」にて、3月21日にエシカルマルシェ「hello, popup vol8 ”ふぞろいのしあわせを”」が開催される。

このエシカルマルシェは、本来捨てられてしまう“ふぞろい野菜”に焦点を当てたマルシェだ。現在、野菜は年間生産量の1/3が規格外として廃棄されており、主催であるポップアップ情報特化メディア「 POPAP(ポパップ)」は、廃棄の対象でも、もったいないという情けの対象でもないはずだと考えた。

なぜなら野菜とはそもそも不揃いなものであり、むしろ自然な姿であると考えたからだ。このマルシェでは、POPAPのフィーチャーブランドである「FARM CANNING」の西村氏と協力することで、自然ありのままの野菜の魅力を伝える。

規格外のなす

今回のイベントは、マルシェスタイルのポップアップ形式で行われ、自然本来のつくり方にとことんこだわる三浦半島・湘南の7つの生産者が参加する。

販売される商品はケールやビーツの不揃い野菜の瓶詰め、全粒粉プチバゲッド、ツナコンフィ、おひさま椎茸、発酵玄や木の実ソーセージ、黒豆、黒米などさまざまだ。

にんじん

また「土とわたしたちのしあわせ」をテーマにゼロ・ウェイストに取り組むほか、イラストレーター・Muga Kawakami氏のエコバックの販売や、特別コラボステッカー瓶による米や豆の量り売りも開催する。

また、販売する野菜は新聞紙で包み、バラ売りも予定している。

hello, popup vol8 ”ふぞろいのしあわせを”

詳細

エシカルフード、ふぞろい野菜の販売。また、ゼロ・ウェイストにも取り組み、“おじさんシリーズ”が人気のイラストレーター・Muga Kawakami氏のエコバックの販売、特別コラボステッカー瓶による米や豆の量り売りも開催。

会場

OPEN NAKAMEGURO

住所

〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目9−17 Nakameguro Crossover 1F

開催日時

2021年3月21日 11:00 〜 2021年3月21日 18:00

開催予定状況

予定通り開催

主催者

POPAP

※来店時にはマスクの着用・アルコール消毒必須 ※体調が優れない方は入店を断る場合あり ※営業日および営業時間はOPEN NAKAMEGUROに準ずる

お問い合わせ先/株式会社qutori
https://qutori.jp/

※掲載している情報は、2021年3月19日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends