ACTION

SDGsを取り入れた現代アートが展示 リサイクルガラスの枯山水を玄関に

ガラス造形作家の西中千人氏が、リサイクルガラスを使った枯山水をTOKYOリノベーションミュージアムで展示している。和の癒しの空間がある自宅での過ごし方を提案する狙いだ。

2021.01.13

マンションの玄関にリサイクルガラスの枯山水 和の癒しを自宅に

枯山水を敷いた玄関の様子

TOKYOリノベーションミュージアムで行われている展示会「枯山水のある“気”のいい玄関〜アートを活かしたサスティナブルリノベーション〜」展で、ガラス造形家の西中千人氏が、リサイクルガラスの枯山水を展示している。

マンションモデルルームの玄関に創設することで、和の癒しの空間がある自宅での過ごし方をで提案する。
展示されるガラスアート

この展示会は、1月7日から4月6日までで開催されており、会場では煌めくガラスの飛び石を歩き、その魅力が体感できる。2月21日14時からはトークイベントも開催予定だ。

日本庭園を「ガラス=光」を取り入れた現代アート空間に

京都法然院山道の様子

西中氏は、日本庭園を現代アート空間と考え「ガラス=光」を取り入れることで新しい楽しみ方を提案している。同時に、リサイクルガラスを用いたアート作品を通して、ガラスの再資源化による持続可能な社会への課題提起をしてきた。

2019年には、京都法然院参道に『ガラスの枯山水「つながる」』を恒久設置。自然と調和した世界初のリサイクルガラスのアート空間に、世界最大のガラスコレクションを持つニューヨーのコーニングガラス美術館から30余名が視察訪問した。

さらにコンセプトムービーは、ドイツ国際映像祭で金賞を受賞している。

世界初リサイクルガラスの枯山水 コンセプトムービー

枯山水のある“気”のいい玄関 ~アートを活かしたサスティナブルリノベーション~

詳細

旅館にいる様な非日常を楽しめる癒しの玄関空間を提案する展示会

会場

パナソニックTOKYOリノベーションミュージアム

住所

〒105-8301 東京都港区東新橋1丁目5番1号パナソニック東京汐留ビル1階

開催日時

2021年1月7日 10:00 〜 2021年4月6日 17:00

開催予定状況

予定通り開催

主催者

一般社団法人 アートのある暮らし協会

“現代版枯山水”のある暮らしの楽しみ方

詳細

西中千人氏×枝澤佳世氏(アートのある暮らし協会代表理事)による企画展連動セミナー

会場

パナソニックTOKYOリノベーションミュージアム

住所

〒105-8301 東京都港区東新橋1丁目5番1号パナソニック東京汐留ビル1階

開催日時

2021年1月21日 14:00 〜 2021年1月21日 15:00

開催予定状況

予定通り開催

出演者

西中千人氏、枝澤佳世氏(アートのある暮らし協会代表理事)

主催者

一般社団法人 アートのある暮らし協会

オンライン参加の場合は申し込み不要。Instagram Liveでの配信となる。 https://www.instagram.com/sumai_panasonic/

お問い合わせ先/株式会社ニシナカユキト
https://nishinaka.com
※掲載している情報は、2021年1月13日時点のものです。

Read More

  • 各界の職人とコラボ サステナブルオーディオ「TRANSPARENT」のハンドメイドシリーズ

  • サステナブルに生まれ変わった「スタンスミス」にウィメンズモデルが追加 フラワーアートの展示も

  • SDGsと現代アートが融合 西中千人氏『リサイクルガラスの枯山水』でドイツ国際映画祭金賞受賞