「タイガー×ウォーターエイド」が協働 「カスタムボトル」の寄付プログラムが開始

カスタムボトル10色が並んだ写真

タイガー魔法瓶株式会社は、タイガー魔法瓶D2Cサイト「タイガーボトルサイト」で展開中の「タイガーカスタムボトル」の売り上げの一部を寄付するドネーションプログラムを11月25日より開始した。新色のパープル「HYDRANGEA(アジサイ)」は土壌汚染対策をテーマにしている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.12.15
SOCIETY
編集部オリジナル

美郷町だからできる自然と共生するサステナブルな暮らし

Promotion

タイガー「カスタムボトル」 ウォーターエイドとドネーションプログラムを開始

カスタムボトル10色が並んだ写真

カスタムボトル10色 2,700円〜

タイガー魔法瓶株式会社は、D2Cサイト「タイガーボトルサイト」で展開中の「タイガーカスタムボトル」の売り上げの一部を寄付するドネーションプログラムを11月25日より開始した。

D2Cサイト「タイガーボトルサイト」は、より人権・健康・環境訴求に特化したタイガー魔法瓶をテーマに、7月3日にオープンしたサイトだ。

カスタムボトルは、11色のカラー、3種類の容量(350m L/500mL/600mL)、4種類のせんから、132通りのカスタマイズが可能。使用シーンや好みに合わせて自分だけのオリジナルボトルを楽しむことができる。

サステナブルな目標を表す11色のカスタムボトル

脱・紛争鉱物の標語と地面に並ぶタイガーのボトル

ボトルは色ごとに、タイガー魔法瓶が新たに掲げるサステナブル方針「4つの約束」に基づいたテーマを定められている。

例えば、ホワイトは「POLAR BEAR(シロクマ・温暖化対策)」、ピンクは「FLAMINGO(アンデスフラミンゴ・絶滅危惧種の保護)」、ダークグリーンは「RAIN FOREST(熱帯雨林・アマゾンの保護)」といったテーマだ。

脱プラスチックごみの標語とペットボトルのごみ

「4つの約束」では、紛争の資金源となる鉱物資源を使わないこと、フッ素コートを全ボトルに使用しないこと、ユーザーの健康を守れる品質を担保するため、自社工場で生産を行うこと、マイボトルの普及を通じて、プラスチックごみ削減に寄与していくことを宣言している。

新色は土壌汚染対策がテーマ 売り上げで開発途上国に水支援

HYDRANGEA(パープル)

HYDRANGEA(パープル) 2,700円〜

11月から開始したドネーションプログラムは、国際NGO団体「ウォーターエイド」とのパートナーシップによって実現している。ウォーターエイドは、世界の開発途上国で清潔な水が利用できるようにするための支援活動を行なっている団体だ。

2020年7月3日から2021年7月2日までの売上合計の一部が、タイガーボトルサイトオープン1周年を迎える2021年7月3日に寄付される。

今回は、タイガー魔法瓶の、人権、健康、環境に配慮した取り組みに同団体が共感したことが始まりだった。プログラムの開始と同時に、新色のパープル「HYDRANGEA(アジサイ・土壌汚染対策)」と抗菌加工せん2種(ワンプッシュせん/スクリューせん)を発売開始している。

抗菌加工せんは、ステンレスボトルとして国内で唯一、抗菌製品技術協議会が制定したSIAAマークを取得している。

問い合わせ先/タイガー魔法瓶株式会社
https://www.tiger.jp/

※掲載している情報は、2020年12月15日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends