サステナブルシーフードを提供する老舗和食店「きじま」の2021年おせちが予約スタート

きじまのおせち「魁」が並んだ写真

神奈川県横浜市を中心に6店舗を構える老舗本格和食店「きじま」が、2021年お正月に向けた「きじまのおせち」の予約を開始した。予約は12月26日18時まで受け付けている。添加物を一切使わず、体にやさしい素材にこだわったおせちだ。

2020.12.09

厳選した海の幸がたっぷり詰まった2021年「きじまのおせち」

きじまのおせち「輝(かがやき)」が並んだ写真

特撰三段重「魁~さきがけ~」79,000円(税抜)

神奈川県横浜市を中心に6店舗を構える、創業40年の老舗本格和食店「きじま」が、2021年お正月に向けた「きじまのおせち」の予約を開始した。

おせちの種類は2種類。特大の伊勢海老を中心に華やかに盛られた「魁〜さきがけ〜」は、厳選した海の幸がふんだんに詰められている。お重のなかには、たらば蟹や焼き雲丹、天然蝦夷あわびなどが並ぶ。

「輝〜かがやき〜」は、伊勢海老に特大天然タイガー海老、天然蝦夷あわびなど新年にふさわしい素材がたっぷり。

きじまのおせち「輝」が並んだ写真

三段重「輝~かがやき~」59,000円(税抜)

どちらのおせちも、きじま独自の基準で選ばれた素材を使っており、添加物を一切使わずに調理した、体にやさしいお重だ。

予約は各店頭で受付、もしくはホームページでダウンロードした申込書をFAXで送ることで可能だ。

持続可能な食材調達に挑戦する「きじま」のこだわり

三段重「輝〜かがやき〜」壱の重のアップ写真

三段重「輝〜かがやき〜」壱の重

きじまは「おいしい和食と豊かな海を、未来もずっと」をスローガンに掲げ、サステナブルな食材や調味料を料理に取り入れる「きじまオーガニックチャレンジ」を行なっているお店だ。

水産物においては、サステナブルシーフードと呼ばれるASC認証(環境に配慮した養殖方法で生産された水産物を対象)や、MSC認証(持続可能な漁業で獲られた天然水産物を対象)を取得したものを使用している。

その使用率は2020年11月においてASC認証比率が60%、MSC認証比率が7.32%にまで達している。

また、化学調味料・保存料・着色料などの添加物を一切使っておらず、厳選した素材と調味料を使用。そうしたこだわりが、もちろんこのおせちにも詰まっている。

問い合わせ/きじま
https://kijimagroup.co.jp/8418

※掲載している情報は、2020年12月9日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends