オーツ麦使用のオーガニックインスタント・ドライおかゆ「オーガニックむぎがゆ」発売

オーガニックむぎがゆに湯を注ぐ様子

オーツ麦を使った、ヴィーガンでも食べられるオーガニックインスタントドライおかゆ「オーガニックむぎがゆ」が発売された。お湯を入れて30秒で出でき上がり、手軽に食べられる。オーガニックマーケットプレイス「IN YOU Market」を運営する「株式会社インユー」が、販売を行う。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.11.25
SOCIETY
編集部オリジナル

KDDIのつなぐストーリー vol.2|“願い”をもって漁業の現場でデジタルと人をつなげる

Promotion

お湯を入れて30秒 オーツ麦を使った「オーガニックむぎがゆ」

おかゆ

「株式会社インユー」が、オーツ麦を使ったオーガニックインスタント・ドライおかゆ「オーガニックむぎがゆ」を発売した。

オーガニックむぎがゆは「ドロドロした食感が苦手」「栄養素が少なく糖質が高い」など、おかゆのネガティブなイメージを覆すことをねらった商品だ。

12種類のオーガニック野菜、ヘンプシードやキヌアなどのスーパーフードが含まれており、味付けには醤油や味噌などの発酵食品、だしなどの自然素材を使用。化学調味料などの食品添加物は完全不使用となっている。

ドライタイプで一食分が個包装されており、お湯を注いで30秒から1分で完成するため、手軽に食べられるのもポイントだ。

血糖値が上がりにくく、栄養価が豊富なオーガニックオーツ麦の魅力

オーツ麦

主原料のオーガニックオーツ麦は、血糖値が急上昇し、糖尿病リスクが上がるだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる「血管の劣化」を促進させてしまう「GI値」が低い。

さらに複数のビタミン、ミネラル、抗酸化成分、タンパク質、βーグルカンなど成分を含んでおり、栄養価が高いのが特徴だ。

βーグルカンは、悪玉コレステロールの低減、血中コレステロール低下による各種疾患のリスクを低下、腸内環境の調整、食後血糖値の上昇を抑える効果を持っている。

βーグルカンは内臓脂肪を防ぐ効果もあり、オーツ麦自体がお腹に溜まりやすいので、ダイエットフードとしても使い勝手がいい。

そのため、海外でもオーツ麦は、健康を支えるためのヘルシーフードとして人気だ。

株式会社インユー

オーガニックむぎがゆ

1,180円

※2020.11.25現在の価格です。

お問い合わせ先/株式会社インユー
https://inyoumarket.com/

※掲載している情報は、2020年11月25日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends