マッシュルームコーヒー「ブレインコーヒー」、テレワーク増で人気急上昇

株式会社 Fuji Organicsが2020年1月に発売を開始した、スーパーフードのマッシュルームを使ったマッシュルームコーヒー「ブレインコーヒー」が人気を集めている。テレワークの増加でコーヒーの需要が増えたほか、配合成分の抗酸化作用にも注目が集まっている。

2020.05.11

マッシュルームコーヒーの人気が急上昇

米国では、ひと足先にマッシュルームコーヒーのブームが広がっているが、ここに来て日本でも人気が急上昇してきている。

日本市場での火付け役は、Fuji Organicsが2020年1月に販売を始めた、スーパーフードのマッシュルームを使用したマッシュルームコーヒー「ブレインコーヒー」。

販売開始から3ヶ月が経ったいま、テレワーク人口の増加などにより需要が拡大している。

これまでとは異なる環境での集中力やメンタル力が必要とされる場面に需要が集まるほか、配合成分の強力な抗酸化作用が日常生活の免疫サポートになるのではと注目が高まっている。

スーパーフードを配合した「ブレインコーヒー」

ブレインコーヒー(10杯分)

ブレインコーヒー(10杯分) 2,300円

「ブレインコーヒー」は、コロンビア産のオーガニックコーヒーに2種類のスーパーフード・マッシュルーム「チャーガ」と「ヤマブシタケ」、さらに「L-テアニン」を配合。カフェイン控えめの新しい自然派エナジードリンクだ。

成分紹介

チャーガ

古来より薬用キノコとして用いられ、現代においてもその群を抜く抗酸化力に注目が集まっている。

ヤマブシタケ

他のキノコには見られない「ヘリセノン」を含有しているのが特徴で、「必須アミノ酸」・「ビタミン」・「ミネラル」・「β-グルカン」なども多く含む。「ヘリセノン」の脳神経細胞の消失防止の有用性についてさまざまな学術論文が発表され、注目を集めている。「β-グルカン」は免疫力、自己治癒力の正常化をサポートすることが期待される。

L-テアニン

緑茶に含まれる成分で、心を落ち着かせ、ストレスからの解放をサポートする。メンタルケアサプリの代表格。

国産の有機抹茶を使用した「ブレイン抹茶」

ブレイン抹茶のパッケージ

ブレイン抹茶(10杯分) 2,300円

ブレイン抹茶は、国産のオーガニック抹茶にスーパーフードのマッシュルーム「ヤマブシタケ」、「L-テアニン」を配合した、ブレインヘルスシリーズの製品のひとつ。

原材料:有機抹茶(国産)、ヤマブシタケ粉末/テアニン、甘味料(ステビア末)

有機栽培ココアを使用した「ブレインココア」

ブレインココアのパッケージ

ブレインココア(10杯分) 2,300円

ブレインココアは、有機栽培されたカカオ豆を使用したココアパウダーにスーパーフードのマッシュルーム「チャーガ」「ヤマブシタケ」、「L-テアニン」を配合したブレインシリーズのココア味。

原材料:有機ココア粉末(オランダ製造)、チャーガ粉末、ヤマブシタケ粉末 /テアニン、甘味料(ステビア末)

ABOUT「Fuji Organics」

本当に必要な、そして安全な原料を厳選し、オーガニックかつナチュラルな材料だけを使った製品づくりを貫く。生産過程の環境への影響にも配慮し、なるべくローカルな素材を使用。目指している商品のキーワードは「高品質」「自然」「オーガニック」「環境配慮」。

問い合わせ先/Fuji Organics
公式サイト:https://fujiorganics.com
通販サイト:https://fujiorganics.com/collections/brain-series_nootropics

※掲載している情報は、2020年6月9日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends