SOCIETY
テイクパックの容器

北欧発フードデリバリー「ウォルト」でサステナブル容器「テイクパック」の導入支援が開始

サステナブルパッケージのオンラインストア「TAKE PACK(テイクパック)」を展開する株式会社TP東京は、北欧発のフードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」と連携し、全国の飲食店向けにサステナブルパッケージの導入を支援していくことを発表した。

2020.11.17

フードデリバリーのプラ容器問題を解決 「テイクパック×ウォルト」の挑戦

サステナブル容器に入れたテイクアウト食品

サステナブルパッケージのオンラインストア「TAKE PACK(テイクパック)」が、北欧発のフードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」との連携を発表した。

この連携により、全国の飲食店向けにサステナブルな素材を使ったテイクアウト・デリバリー用容器の導入を支援していく。

今後、ウォルトは加盟レストランからの要望がある場合に、環境に配慮したサステナブルな容器の導入元のひとつとして「テイクパック」を提案する。

また、ウォルトのアプリ内では今後、テイクパックの容器を含む環境にやさしいパッケージを利用するキャンペーンを実施していく予定だ。

シェフ、料理家の意見を取り入れ、さらなる進化を目指す

さまざまな形状のサステナブルパッケージ

テイクパックのパッケージは、木や竹、紙などのサステナブルな素材を使用しており、各種容器やカトラリー、包装資材などを200種類以上取り揃えている。

今後はフードデリバリーに適したパッケージや包装資材をメーカーと共同開発し、シェフや料理家、顧客の声を積極的に取り入れることで、デザイン性も追求した地球にやさしいオリジナルパッケージを提案していく方針だ。

問い合わせ先/株式会社TP東京
https://tp-tokyo.jp/
※掲載している情報は、2020年11月17日時点のものです。